経営者が忘れがちな、継続させるためには必須な超重要な仕事

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

早速、件名の件に触れていきます。

最近は、勉強熱心な人が多いので
オンラインサロンに入るなり
YouTubeやメルマガで情報を得るなり
知識は学んでいる人は多いと思うんですね。

で、さらに言えば
何か新しいスキルを身につけたり
スキルを向上させたりする時間を
費やしている方もいらっしゃると思います。

これらの行為自体は
本当に素晴らしいこと
です^^

ただ、そういう人ほど
とても重要なことにも関わらず
仕事だと思っていない人がいるんですね。

ズバリ、それは

お金を貯める(集める)こと

です。

事業をやっていく上で
絶対にお金は必須になります。

例えば

・ネット回線、ZOOM、
 サーバー、ドメインなどの「通信費」
・チラシや広告などの「広告宣伝費」
・打ち合わせなどの接待交際費
・秘書や何か業務を手伝ってもらうための
 「外注費」or「人件費」
・自己投資(講座、コンサル、書籍等)
・在庫(物販の方であれば)
・家賃

他にも、あなたやあなたの家族が
暮らすための生活費、社会保険、医療保険
税金など、あらゆるものがかかってきます。

誤解してはいけないのは
あなたの知識やサービスを
顧客に提供するための大前提は

お金があって成り立つもの

だということです。

逆に言えば、お金がないなら
「お金を作ること」をしなければなりません。

例えば、事業で売上を上げる。
これはそうですよね。

でも、事業で売上が作れない時期は

・人から借りる
・日本政策金融公庫から借りる
・金融機関から借りる
・会社勤め(正社員、パート、バイト)する
・不用品を売る
・経費削減をする
・出資を受ける

などをして、どうにか
事業を継続させるために
資金を集めて、売上を作らなければいけません。

お金がない

という状態は起業・経営していれば
9割5分以上の方が経験することだと思います。

これ自体は
僕は恥ずかしくないと思っています。

でも、お金がないにも関わらず
お金を作ろうと努力しないことは
これはダサい、、、というか
現実逃避しているとしか思えません。

コーチ、コンサル系の業界は
言ってしまえば、スタートするのに
ハードルが低すぎるんです。

何故なら、他の業種と比べて
圧倒的に初期投資が少なく
スタートすることができるから
です。

始めるに当たって
リスクなんてほぼないじゃないですか^^

でも、飲食や製造業、医療系であれば
スタートするだけで500~1億近くかかるので
そのお金を集めないとスタートすらできません。

コーチ、コンサル系のビジネスの
最大のデメリットは

リスクが無さすぎること

だと思っています。

だから、かんたんに諦めたり
やめたり、ワクワクしないから
今日はやらない、とか言い出す笑

なんでやねんと
関西の人じゃないが
そう突っ込みたくなります。

ただいま炎上中のまこ〇り社長だって
何だかんだでVC(ベンチャーキャピタル)などのような、

大口の出資者から資金調達をしながら
事業を成り立たせていますからね。
※実際に成り立っているのかは置いておきます。

くどいぐらいに言いますが
お金を作るのも仕事
だということを忘れないでください。

それでは、良い週末を。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる