真・自動化の仕組みについて

こんにちは。
小田純也(おだじゅんや)です。

さて、今週も
1週間スタートしました。

昨日は雨でしたが、
僕は近くの山までクルマで行って
息子と遊んできました。

ずっと家にあった本を読んでいて
凄く行きたそうだったので
明らかにいつもよりテンション高めで
楽しそうでしたので、良かったですね笑

さて、本題です。

目次

真・自動化の仕組み

おそらく

「自動化したい」とか
「仕組み化したい」

なんて考える方は
非常に多いのではないでしょうか?

僕は、コンサル業やり始めた
1年目の時から

いかに仕組みを作って
労働する部分の負担を減らせるか?

だけを考えてやっていたので
この分野に関しては、そこらの人よりは
語れるかなぁとは自負しています。

で、自動化・仕組み化って
そもそもかんたんなのか?というと。。。

作るだけならかんたん

です。

でも、真とつけた理由としては
かんたんの話には「裏」があるんです。

だって、自動化と言えば

・ステップメール だったり
・LINEのステップ配信 などを

指している人が多いですので
これだけを設定するだけなら
別に誰でもできると思うんですね。

問題は

自動化の仕組み全体の精度

の問題です。
これはかなり難しいです笑

何故なら

・どこの指標を追っていけばいいか?
・仮にその指標の数値が悪かった場合
 いつのタイミングで、何を、
 どう改善したらいいのか?

ということを必ず問われるからです。

これ結構応えられる人って
少ないと思うんですよね。

DRM
(ダイレクトレスポンスマーケティング)という
集客 ⇒ 教育 ⇒ 販売

この3ステップを流れで伝えるのは
正直、ちょっと勉強している人であれば
誰でも答えることは可能です。

だけど、それぞれの精度を
高めるアドバイスになってくると
業種・業態によって全く異なります。

そのため、実際の現場で利用するには
かなりの難易度だと
個人的には感じています。

これをかんたんだっていう人は
「お前、何様だよww」って話です。

そもそも、自動化って
確かに便利な点もありますが
万能なものではありません。

手動で対応した方が
明らかに良いよねっていう部分も
ビジネス上では沢山ありますから。

だから、多くの人が思っている
不労所得的なイメージを
自動化で持っているなら
それは幻想だと思ってください。

これが真実の自動化の仕組み化です。

まぁ低額コンテンツを
自動で販売しようという人もいますが。

いやいや、そんな仕組みで
売っても言う程利益にならんでしょ
と^^;

副業の人に教える仕組み化
事業レベルで教える仕組み化では
全然、伝える領域が違います。

まぁ色んな勘違いが横行しているのが
自動化の領域ですので、

小田or小田以上にしっかりと
自動化の仕組み構築に詳しい人から
学ばれることを強くオススメします。

ホント何にも知らんのに
「コンサルタント」だって
いっちょ前に名乗っている人は
世の中には沢山いますからね~。

あ、最後に毒を
吐いてしまいましたねww

P.S
つい先日、お一人が
小田のコンサル分を回収し
しっかりとプラスにしていました。

入ってから約200万前後は
報告だけで頂いていました。
(残り数カ月、黒字状態で学べますね)

ちゃんと取り組んでいる人かつ
適切な行動を継続している人は
ほとんどこういう状態になります。
(当然、個人差はあります)

一喜一憂せず、
淡々と継続して行うことが
結果を出すための秘訣です。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる