バイバイ低単価ビジネス

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

目次

バイバイ低単価ビジネス

コロナの影響からなのか
やたらとサブスクモデルに
こだわる人が増えましたよね。

高単価商品が
以前よりも売れないからか

・会員制で安く提供してみたり
・低単価コンテンツを売ってみたり
(広告費が回収できた、わ~いとか)

色々と試行錯誤をすることは
悪いとは言いませんが
(試行錯誤自体は、良いこと)

ただ、どちらの方法にせよ
僕から言わせれば、どちらも
「愚策」でしかないですね^^;

僕は新サービスであれば
先月、既に〇00万の売上は作りました。
「高単価が売れない」と言っている人は

・ターゲットがズレているか
・ユーザーが欲しい商品として
 作り込んでいないか?

ただ、それだけの話です。

アフターコロナだろうが
そんなことはあまり関係ありません。

高単価商品を既に持っている人は
今一度、ブラッシュアップするなり
ちゃんと高確率で売れるように
なって欲しい
なと考えています。

それこそ、50万の商品を作って
2人にさえ、売れれば月100万です。
3人に売れれば150万です。

それだけあれば
十分に食っていけます。

でも、売れないからと言って
3000円ぐらいの低単価のコンテンツを
売ったとしても、

333人に売らない限り
同等の金額にならないですよね。

333人に売るって
正直、かなり大変ですよ。。。。

・それだけの人をどう集めてくるの?
・その人らを集めるためには
 期間はどのぐらい必要なの?

やっていることが非効率過ぎます。

確かに結果を出すためには努力は必要です。
でも、間違った努力は実を結びません。

そのやり方でやると

資金が減り

どんどん不安になり

行動できなくなっていき

気持ちだけが焦り

徐々に自信も持てなくな

どんどんとプレッシャーを感じ

最終的には潰れていってしまう。

という悪循環に陥ります。

低単価ビジネスをやると
こういった末路になります。

趣味の延長線上でやるなら
止めはしません。

でも、事業として
この先3年、5年、10年と
継続していくならば
低単価ビジネスはやめませんか?

正直、そのやり方でやっていたら
来年、再来年、困ると思います。

集客できれば尚売上が上がるけど
集客数が少なくとも売上が上がる
モデルの方が気がラク
ですよ。

正しいマインドとやり方でやれば
6カ月後、1年後には
全然違う未来が待っていると思います。

50万の商品さえ作って
2本ぐらい売れたら
6カ月コースはお釣りが来ます。

さっさと回収できるように
実践していってください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる