やめる勇気

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

昨日はありがたいことに
Facebook広告からもG広告からも
新規の読者さんが増えていました。

基本的に、広告戦略は
一度セットしたら
後は、数値だけ見て、
その数値を元に改善するだけ。

確かに用語や作業など
覚えるまでは大変ですが
覚えてしまえば、ラクですよ^^

何がラクかというと

勝手に読者が集まってくれるので
ブログやSNSのネタを
毎日、考える必要がない
、ということです。

気分が乗っている時ならまだしも
未だに毎日、配信することは
大変だなぁと感じます笑

ただ、めんどくさいから
「やめた」というよりも

色々と数字を追っていった結果
小田の場合は、あれもこれもと
複数の媒体を行う必要がない
判断しただけです。

最近は

あれもこれもと手をだせばいいのは
起業立ち上げか、起業2年ぐらいまで。

だと感じています。

何故なら、最初は
何が当たるかが分からないため
ある程度のクオリティを担保した上で
やっていった方が良いからです。

ただ、このように
複数のことをやっていくと

・伸びるもの
・伸びないもの

この2つが必ず出てきます。

それこそ

1 インスタグラム
2 YouTube
3 LINE
4 メルマガ
5 Facebook
6 note
7 Twitter
8 ストアカ
9 クラブハウス

と9種類ぐらい
一定期間、継続してみて

このうちの
「2のYouTube」と「6のnote」
良い感じで伸びたけど
残りの7種類が全然ダメだったなら

その7種類は全てやめましょう。

そして、そのやめた時間分を
「2」と「6」に時間を使ってください。

数字が伸びたところに
集中して時間と労力をかけた方が
遥かにラクして結果を出すことができます。

どれをやれば数字が伸びるか?が
分かっていない人へ

2つお伝えします。

1つ目は毎月もしくは週で
数値計測を必ずしまし ょう。

していなければ、それは
「宝くじ」や「ギャンブル」と一緒です。

今、現役で受講していただいている
クライアントさんも最初は苦手でしたが
ほぼ全員、数字ベースで議論が
交わせられるようになっています。

数字で評価しないと原因が見えません。

もう1点は、手数を打ちましょう。

正直、手数が少なすぎると
効果の判断ができません。

例えば、広告にしても
新規の見込み客さんの数が
月「約20~50名」程度だと
効果の判断が分かりません。

仮に50名が集まったうち
3名ぐらい成約が決まるなら
効果の判断は分かりますが

1名程度では、「たまたま」な
可能性がありますよね。

だから、50名程度が集まっても
0や1名では効果の判断ができないので
あまり考慮しないようにしています。

そのため、僕 は、最低でも
100名ぐらいが集まった上で
判断した方が良いと考えています。

今日みたいな考え方が
当たり前にできると
かなりビジネスがラクになるはずです。

経験則に基づく指標は
あまり無料では公開しませんが
今日の内容の範囲であれば
全然OKなので、公開しました。

・これから起業したい方
・今、伸び悩んでいる方
・今のやり方をやっていても
 全然上手くいく感じがしない方

は、まずは今日のような数字をベースに
考えられるように
なってくださいね。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる