二極化する起業家像とその解決策とは

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

昨日のブログは
ご覧になりましたか?

それでは、続きのステップ3を
解説していきます。
↓↓

目次

ステップ3
起業家の二極化
お金と時間を両立する起業家と
貧乏ヒマなしの起業家

月30万~100万の人に多いのが、
このゾーンじゃないでしょうか。

特にひとり起業家は
徐々に「二極化」してきています。

これは
僕のイメージではありますが

Aパターン

長時間労働。
貧乏ヒマなしで
ゼーハーゼーハー状態。

裏方業務が、かなりずさんな状態。

例)書類整理・お金の管理が
全然できておらず、確定申告時期に
バタバタ状態になっている。
※手が回っていない状態。

気持ち的に「焦り」だけが先行し
どんどん疲れが溜まってきている。

Bパターン

週3~5回の労働で
時間とお金のバランスが保てており
自分のプライベートの時間を持てている。

自分が労力を
かけるべきところだけに
集中できている状態。

環境や思考などが
整理されているため
焦りもそこまでなく
毎日、充実した日を過ごす。

と、2パターンに
カテゴライズしてみましたが
おおよそ、当たっているかと。

多分、これを読んでいる人の
8割ぐらいの人達は

「Aパターンって
 まさに私のことやーーん!!
 (もしくはめちゃ近い)」

とか

「うわー、絶対に
 Aになりたくないけど
 Aになる予感しかしない(><)」

という状況ではないでしょうか。

つまり、同じ起業家だとしても
「全く真逆の道を辿ることになる」
ということです。

では、
どうすればいいのか?

ズバリ

1 ビジネスモデルの確認
2 仕組み化に注力を注ぐこと

になります。

それぞれ詳しく
解説していきます。

1 ビジネスモデルの確認

例えば、月100万を得た時点で
あなたはどのぐらいの仕事量に
なっていることが理想でしょうか?

また、

・週3回の労働で達成したいのか
・週5の労働で達成したいのか

やり方や労力が
変わってきそうですよね?

さらに、そのビジネスが
月200、300万と増やしていこうと
考えていった時に

今の労力とさほど変わらずいけるのか?
それとも、かなりの労力をかけなければ
不可能なのか?

など、上記のことを初めから
想定しながら設計することが
凄く大切です。

LINEやりましょう、とか
会員制サロンやりましょう、とか
ステップメールをやりましょう、等は

ビジネスモデルの後に考える話ですね。

前提が定まっていないのに
手法ばかり教えている
アホコンサルタントが溢れていますが
本当にアホです。(口悪いですねw)

手法だけ覚えたところで
根本解決には至りませんので
お気をつけください。

2 仕組み化に注力を注ぐ

もうこれもぶっちゃけ
5年以上言い続けているんですが
資産性のある行動」を
意識していってください。

そうじゃないと
個人事業主やひとり社長は
一生、時間の自由は得られません。

例えば、集客にしても
メルマガやコミュニティ等

常にこちらのタイミングで
情報を届かせられる媒体の量と質を
高めておくことが重要
です。

例えば、その数が
100人なのか1000人なのかで
同じ文章を配信するにしても
結果、「10倍」違いますよね?

また、お客さんに対して全てを
オーダーメイドのサポートで
対応していたら、お客さんが増えた時に
朝から晩までサポートし続けなければいけません。

そのため、動画やPDFなどの
デジタルコンテンツに注力を注ぎ

できる限り、こちらの時間を使わなくても
相手の時間を費やしてもらえば
基礎知識が高まるようにしておく
んです。

他にも

・ツール的な要素
・人的な要素
・金銭的な要素

など複数ありますが
このように複数の手段を使って
自分の労力を解放していく
方向に
進めていくことをオススメします。

24時間しかない訳ですから
どう使うべきか?を考えてましょう。

今日の話が少しでも参考になれば幸いです。

結構、内容が
難しかったかもしれませんが
長くビジネスをやっていきたい人
今日の話は頑張って理解してください^^

で、最近嬉しいことに

「他の人と全然発信内容が違うので
 初めてネット上のコンサルの人で
 信用できそうな人を見つけました」

「私のようなビジネスでも
 大丈夫そうですか?」

など、ご相談を頂くことが
増えている状況になっています。

そういうメッセージは
非常に嬉しく思っています。

ありがとうございます。
それでは、また。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる