好きなことや得意分野で効率良くために絶対に欠かせない3つのステップ

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

好きなこと、得意分野で
収入を得るというのは
非常に聞こえの良いものです。

でも、悲しいことに
殆どの人はそうはなれません泣

何故でしょうか?

・才能がないから?
・知識がないから?
・集客ができないから?
・人脈がないから?

今、挙げたものも
多少は関係してきますが
一番の理由は、、、、

好きなことや得意分野で
効率良くお金を稼ぐ方法を
いまいちよく分かっていない。

というのが僕の答えです。

「良く分かっていない」から
中々、行動ができなかったり

がむしゃらにやってみるも
半年~1年で疲弊してしまい
継続できなかったりするんじゃないかなと。

というわけで
今回は、好きなことや
得意なことでお金を得るために

「絶対に欠かせない3つのステップ」

を順に話していきまーす。

目次

ステップ1
続けられそうなことを
選択しているか?

○○をしたい!
○○をやりたい!

という欲求は非常に重要です。

何故なら、自分の

・やりたいこと
・したいこと

を選択しなければ
いくら稼げそうな市場に参入しても
長続きさせることができないからです。

僕が起業して10年以上
やり続けらているのは

「お客さんの支援があって」

というのは勿論ありますが
大前提としては

自分が勉強していたり
仕事をしていて楽しい分野だから

というのがあります。

好きもしくは楽しいと
思えるから頑張れる
んですよ。

お金のためだけに
無感情でやれる人もいるでしょうけど
そういう人は滅多にいないと思います。

ただ、当然、
好きなことや得意なことだけを
選択すれば、良いか?と言われると
それは「No」です。

それは次のステップ2で解説します。

ステップ2
競合がいる分野に参入し
競合の弱いところを分析する

競合がいない分野に
参入するんじゃないの?

と思ったかもしれませんが

競合がいない分野を
初めから選択するのは
僕は間違いだと思っています。

正確には

1 競合がいる分野に参入し
2 1の中で競合の弱い&
  消費者のニーズが
  あるものを見つけた上で、
3 競合が弱い(少ない)
  ところに参入する

というのが
正しい戦略」だと考えています。

そもそも
競合がいない分野ってことは

「世の中のニーズがない
 可能性が非常に高い。」

といってもいいと思います。

本当に美味しい市場であるなら
自分達よりも遥かに

資本を持っている大企業や
自分達よりも優れている頭脳や
経歴が持っている人達が

既に先に割り込んでやっているはずです。

でも

・大きな会社が「やっていない」
・稼いでいる企業・個人がいない

という状況なのであれば
そもそも、その分野には
お金を払う需要はない可能性が高い。

ということは、理解しておきましょう。

「でもね、小田さん。
 たまたま誰もやってこなかっただけで
 絶対に○○の分野はニーズがあるんですよ」

と思った人もいるかもしれません。

勿論、0%だとは言っていません。

ただ、自分が手掛ける
最初のビジネスにとして
そんな数%の見込みにかけることは
「ギャンブル」ではないでしょうか。。

だからこそ、オススメするのは
ちゃんと競合がいる分野に参入することです。

その方が確率的にも
あなたが結果が出やすいのは
間違いありません。

そして、次のステップ3は…

と書いてみたものの
結構な長文になってしまったため
明日に持ち越します。

という訳で明日も
楽しみにしていてくださいね。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる