師走で行う来年の目標設定

こんばんは!!

 

収益化アドバイザーの小田純也です!

 

本日のテーマは
「来年の干支は未だが、まずは師走を充実させましょう!」
について話をしていきます!

 

ちなみに、師走の由来ですが…
東西を馳せる月「師馳せす(しはす)」
という意味があります。

 

平安時代から言われている
語源説でもあるので有力ですが、

 

「師馳せす」は民間語源で、
この説から「師走」という
文字が当てたれたと考えられています。

 

しかし、「しわす」という言葉自体は、
奈良時代からありました。

 

「師走」という感じを当てて書く様に
なったのは江戸時代からともされています。

 

「師走」の語源には諸説あり、

 

1.四極(しはつ=四季が果てる)
2.為果つ(しはつ=為し終える)
3.年果つ(としはつる=年が果てる)

 

といったものから
転じたというものらしいです^^

 

雑学として知っておくといいかもしれませんね♪

 

さて、まずは来年のこと(来年の干支は「未」)
を考える前に今やれることをやっていきましょう!

 

もう2014年も終わるなぁと思っても大丈夫ですが
まずは、12月全力で1日1日を充実させましょう!

 

僕は昨日のうちに目標設定しましたので
今月は色々、法人のコンサルの案件をとりながらも
セミナーも3~4回はやっていきます♪

 

刺激を与えていくので
ガンガンやっていきましょう☆

 

それでは、本日は以上です!

ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる