マーケティングの基本『3C分析』を動画で解説!

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

今週の日曜日に仕事部屋の整理(断捨離)を兼ねて、200冊ぐらい本を売りました。

それで収益を得ることを目的としていなかったため、古本屋に持っていきましたが…。
びっくりするぐらい、微々たるもんでしたね^^;

本って並べておく分には見映えは良いですが、かなりスペースがとられますよね。
僕と同じように思い切って売ってみると、気分的にもスペースとしても非常にスッキリするかもしれません。

また、本だけではなくチラシも処分していましたが、まぁ数百枚単位であって処分が大変。。
この2日間かけて、仕事の合間に整理をしていましたが、定期的な断捨離をオススメします^^
※おかげで部屋がスッキリしましたw

さて、本題に移っていきましょう。

本日はマーケティングの基本である「3C分析」を解説します!

■差別化を図る「3C分析」とは?(※440回再生)

3C分析とはかんたんに言えば
・自社の分析
・他社の分析
・消費者や市場の分析
この3つの項目に分けて分析する方法になります。

昔から言われている方法ですが、なんだかんだでこの方法は分類するのは鉄板ですね。
「どうやって差別化しよう」とか「競合と比較した時にどこをウリにしようかな?」など、そういう不安や疑問に答えるには非常に有効な方法になります^^

参考にしてくださいね!

それでは、また。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる