メルマガでファン化するための3つのポイント

おはようございます。
小田純也です。

今日、このメールを
送っている頃には
東京に向かう新幹線に
乗っている頃でしょう。

早起きできて良かった(ホッ)

今日は終日予定が入っており
明日の12日(水)は朝から
個別コンサルが入っていますが

出張で暇ほどな程
嫌なものはないため
予定が入っていることは
ほんとにありがたく思っています^^

 

さて、1点お知らせです。

来週、9/17(月・祝)に
小田の新しいメソッドを体系化した
プログラムを公開させていただきます。

祝日に公開する予定なので
メールを見ない方も
いらっしゃるかもしれませんが

期間限定で公開するものなので
必ず、チェックしておいてくださいね!

 

私自身、様々な勉強をしてきましたが
今最も20〜100万の商品が売れやすい
仕組みの作り方を公開しますので
是非、楽しみにしていてください。

もちろん、一時的にしか使えないとか
少数の人しか使えないとか
そんなちゃちな内容ではありませんよ^ ^

目次

メルマガでファンを作る3つのポイント

こちらをお伝えします。

その3つのポイントとは

1 誰に?
2 何を?
3 どうなるの?

という3つのポイントが
明確になっているものです。

順番にお伝えしていきます。

1 誰に?

何人かのメルマガを読んでいますが

「この人の面白いなー」
「役に立つなー」と思うのは

まず、ターゲットが
明確になっている人です。

例えばですが

・多店舗経営者に向けての内容
・製造業経営者に向けての内容
・士業・コンサル・講師に向けての内容
・0→300万の方に向けての内容

など、どの人に向けて
情報を配信するのかで
全く内容も変わっていきますよね。

ただ、多くの人は
このターゲットが誰に向けた
発信なのか、全くよく分かりません汗

ですので、内容も段々と
自己満足にかなり近い内容になり
発信内容が面白くないんですよ笑

結果的に
面白くないし、役に立たないので
少しずつ解除してます笑

ですので、まずは
『誰向け』に発信するのか?を
明確にしていきましょう。

2 何を?

誰向けに発信するのが決まれば
どんな内容を配信するのかも
段々と見えていきます。

内容に関しては
『ターゲットに役立つ情報』
『ターゲットの悩みが深い情報』
良いでしょうね。

例えば、小田の場合であれば

・集客のヒント
・売上につながる話
・先生業の成果事例、失敗事例

などになります。

ネタ自体は色々あった方が
面白いとは思いますが

『ターゲットに役立つ情報』
『ターゲットの悩みが深い情報』

を入れていってみてください。

3 どうなるの?

そして、そのメルマガを
このメルマガを読むことで
どういうメリットがあるのか?
(メルマガ=情報発信と置き換えてもOK)

というのを明確にする必要があります。

例えば、小田のメルマガを読むこと

スキルは持っているけど
中々お金にできていない
士業・コンサル・講師
カウンセラーなどの先生業の方が

20〜100万円の商品が売れやすい状態になる
ヒントを
得ることができる

一言で言えば
このような形になるのかなと。

以上のように

1 誰に?
2 何を?
3 どうなるの?

と明確にすればメルマガのネタも
大分、内容を絞り込むことができますし
誰向けの内容なのかが明確になります。

あなたのメルマガや情報発信では
誰向け、何の内容を配信し
どのようなメリットがありますか?

明確に答えられるとベターです^ ^

この部分がパシッと決まると
情報発信もしやすくなるし
非常に受注にも繋がっていきます。

情報発信の参考にしてくださいね。

それでは、また^^

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる