私利私欲で考えた方が上手くいく考え方とは?

おはようございます、小田純也です。

 

本日は
「私利私欲」について
話をしていきます。

 

この言葉を聴いて
どう感じますか?

 

は!?いい訳ないでしょ

 

と思われた方は

 

違った角度で見てみて下さい(笑)

 

「私利私欲」という意味を
goo辞書で調べてみると…

 

「自分の利益や、自分の欲求を
満たすことだけを考えて行動
すること。私的な利益と
私的な欲望の意」

 

と書いてありました。

 

ただ、少し考えて欲しいんです。

 

世の中の人は僕も含めて
「私利私欲」の塊かと思います。

 

何故なら…
「自分はこんなことをしたい!」
「お客さんに喜んで欲しい!」
「○○業界を良くしたい!!」

 

というのは

「自分の欲では?」

と思うんです。

 

自分の欲を満たすことで
自分にとって利になる訳ですよね。

 

ほら「私利私欲」って
言葉通りになる
じゃないですか?笑

 

確かにビジネスの本質上は
「相手のことを考えて…」
が来るかもしれませんが…

 

僕は自分の欲を満たす為に
頑張るんだ!!でも良いと
思うんですよね^^

 

というか、起業仕立ての方も
含め現在活躍されている方の
ほとんどの人が
そうじゃないでしょうか?

 

相手を思いやらない姿勢は
どうかとは思いますが…

 

まずは、自分の欲求を
満たさないことには
相手に何かして上げたい!

 

と思っても
全力で注げないと思います^^

 

ということで
「私利私欲」と言っても
捉え方次第で
良く見えませんでしたか?

 

「スッ」と心が楽になった方が
1人でも居てくれたら
嬉しいです。

 

自分をちゃんと満たすからこそ
相手に尽くせたりするんです。

 

僕はその考えの方が
しっくりします。

 

辛くても
相手に尽くせ的な
思考は無理です(笑)

 

だって、辛いしって
絶対先に考えます。

 

ただ、尽くさなくても
親しい方が困っているなら
純粋に損得考えずに
助けてあげて下さいね。

 

あなたのやれる範囲で構いませんから。

 

この辺りはバランスですよね^^

 

「利」があるから助ける
「利」がないから助けない

 

この思考パターンは
良くありません。

「できることまでやる」

 

これをインストール
しておきましょう☆

 

あ、たまに質問があるので
ここで答えておきますね。

 

「○○業界を盛り上げたい
思いはありますか?」

 

という質問がたまにあります。

 

「はい、ありません笑」

 

僕は業界どうこうよりも
何かのご縁で関わる方との
ご縁を考えるタイプなので
業界という大きな枠を
変えたいとか盛り上げようと
思ったことは一切ありません。

 

変えたい人が
変えていって欲しいと思います。

 

何故、この質問の問いを
挙げたかと言いますと…

 

大きなビジョンがないと
「起業家」じゃないとか
「経営者」じゃないとか
変な偏見を持っている方が
いるかなぁと思ったからです。

 

僕は、ご自身のビジョンに
業界のことが入ってなければ
そんなの考える必要性も
ないと思いますよ(笑)

 

純粋に僕は「電話」は
かなり嫌いですが…

 

「人」と関わって
美味しい御飯を食べながら
面白い話をすることは
好きですから
これができれば
全く問題ありません。

 

ご自身がしっくり来る
起業家さんを
見つけられて下さいね。

 

それでは、本日も
楽しくいきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる