知らないと損する!売上や集客に繋がる電子書籍集客の3つのポイントを解説!

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

昨日は、約9カ月間ウチで、電子書籍を出版した方の結果やAmazon1位を量産できている理由を公開させていただきました。

そこで、本日は、「知らないと絶対に損をする!売上や集客に繋がる電子書籍集客の3つのポイント」についてお伝えします。

目次

「出版したら仕事が増える」は、半分正解で半分ウソ?

これは電子書籍だけに限らず、紙の出版にも言えることなのですが、書籍を出版しただけでは仕事に繋がりません!(キッパリ!)

「えっ、そうなの?」と思うかもしれませんが、周りを見渡してみたら分かるかと思いますが、そんな人達は、世の中には沢山います。

で、そういった話を聴いたり、正しい使い方を知らない人が紙の出版や電子書籍を出版するものだから
そりゃ作っても売上に繋がりません^^;

だから、僕の知人からや生徒さんの教えている知り合いからも

電子書籍って出版しても仕事に繋がらないんですよね?じゃあ別に出版する意味ってないですよね?

という結論に至ってしまっている人がかなり多いんですよね汗

まぁ周りでそういう声ばかり聴けば、そう思うのも無理のない話ですw

ですが、電子書籍をキッカケに、年8桁以上得させていただいている、自分にとって、「出版しても仕事にならない」というその認識は大間違いだと断言できます!

そして、仮にそれが「小田だけしか収入を得ていない」という話ならば、間違いとは言えないでしょう。

ですが、小田以外の人でも、受注をとれている事実がある以上「受注がとれない」なんてことはまずありえないんです。

9割以上の人がその方法を知らないだけでちゃんと顧客獲得の方法が存在します。

その方法について、触れていきますね。

電子書籍を活用した集客方法とは?

やり方としては、大きく分けて、2種類あります。

①インターネットを活用した集客方法と、②対面(会う)をメインとした集客方法です。

そのうち、断然かんたんなのは『対面での顧客獲得法』です。

この方法なら、小難しいネットスキルを覚える必要はありません
※念のため、お伝えしておきますが、ネットと組み合わせた方が良いのは言うまでもありません。

電子書籍を上手に活用した対面での顧客獲得方法の3つのポイントとは!?

さて、この電子書籍を上手に活用した顧客獲得方法のポイントは大きく分けると「3つ」あります。

1つ目が『電子書籍(タイトルと内容と導線)

2つ目が『集客ができる売れる名刺

そして、3つ目が『グッとあなたに興味を惹きつける「リレイショントーク」』です。

これら3つをしっかりとマスターすれば、対面での顧客獲得方法だけでも、月30~100万以上の収入は得られます。

実際に、上記の方法で上手ーく、見込み客さんとの関係性を作った結果、月100~200万を得ている女性の方もいらっしゃるぐらいです^^ ここでは、60名以上Amazonランキング1位を獲得された方のうちの3名の方の声をご紹介させていただきます。

いかがでしたでしょうか?

彼らには、電子書籍だけの話を学ぶコースではなく、事業の最適化の方までをサポートするコースに来ていただいていますが、その中の30日という期間を限定して、全く電子書籍の原稿を作成していなかったところから、作成して行っていただき見事Amazonランキング3部門~9部門1位を獲得していただきました。

もっと電子書籍に関する情報を知りたい人のために

今回のノウハウの理解を深めてもらう動画を専用ページで視聴できるようにします。

 

詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてご覧ください^^

それでは、また!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる