地方・田舎と言われる地域こそネットを取り入れた方が良い理由

おはようございます!

中小企業専門、動画コンサルタントの

小田純也です。

 

昨日広島から帰ってきた後
地元の商工会議所に行ったり
その他雑用をしていて
なんだかんだでバタバタでした。

 

さて、今回
広島に行って感じたことは

 

「動画」&「ウェブ」に
力を入れている企業さんは
まだまだ少ないということです。

 

東京・大阪の主要都市に関しては
数も多いですから

 

かなり力を入れないと
太刀打ちできなかったりしますが…
(業種・業態によりますよ)

 

東京・大阪と比べ
地方に関しては
競合も少ないので

 

ガッツリ予算をかけたり
専門的知識を知って
対策しなくても

 

コツやポイントさえ
理解して、実践さえすれば…

 

かなり

チャンス

だと感じました。

 

「ウチは地方だから
お客さんが居ない。」

「東京や大阪とは違うんだ。」

 

とそうやって嘆かれる
社長さんもいらっしゃいます。

 

ただ、私はこう思うのです。

 

だったら何故
東京・大阪に行かないの?」と(笑)

 

私個人としては
ほとんど勘違いされていると思ってますが

 

人口が少ない地域だから
儲からないというのは
完全な勘違いだと思うのです。

 

ネット(web)を使って
商圏の制限を無くしてしまえば
全く問題ないんじゃないですか?

 

「いやいや、自分は
ネット苦手なので。。。」

 

と言ってたら、ダメですからねw

 

だったら

「何」で稼ぐんだよってw

 

・自らを「成長」しない。

・「知識」を得ようとしない。

 

つまり、「学ばない」と
選択してしまっているんですよね。

 

こんなスタンスでは
これから生き残ることなんて
「不可能でしょ」と私は思うのです。

 

上記のことを
理解している企業さんは
やはり売上を上げていますし

 

メインの仕事だけではなく
色んなキャッシュポイントを増やし
リスクヘッジも
しっかりされてますからね。

 

「苦手、苦手〜〜」

 

と言ってるとの「差」は
ガンガン広がっていくでしょう。

 

勿論、仕事の絡みで
できない場合もあるでしょう。

 

だったら
ITに特化した人を
入れるべきですよね。

 

BtoBのビジネスやってる方は
特にwebはアリかと思います。

 

オフライン(対面)

×

オンライン(ネット)

 

双方から見込み客に
リーチしていくのです。

 

ネットをやっていないというのは

“得られるお金を捨てている”

と言っても過言ではありません。

 

意外と関係ないと思う
業種の方もネット使えますからね。

 

特に”動画”活用すると
かなりインパクトを残せますし

 

取り入れるだけで
競合他社との「差」を
つけることができます。
(地方は特に)

 

ガンガンやっていきましょう!!

動画マーケティングメルマガ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる