動画はお金をかけて作るべき?それともかけなくて作る?真相はいかに!?

こんばんは!!

 

YouTubeアドバイザーの小田純也です!

 

昨日は名古屋の某所にて
「YouTube」活用方法
について話をしてきました。

 

動画を使うにしても
どんな動画を撮れば良いのか?

 

って気になりますよね^^;

 

共通している部分もあれば
この職種であれば、こんな動画も有り
など、アドバイスが変わったりもします^^

 

プロが編集した動画は
「会社のPR」としては構いませんが…

 

素人が作った方が良いものは
実は、沢山あります^^

 

むしろ、コチラの方が需要があるぐらいです(笑)

 

結局、「美化」されたものって
ユーザーがあまり共感しない
んですよね^^;

 

昨年、大ヒットした
アナの雪の女王ではありませんが…

 

「ありのままの〜」姿を撮った方が

 

昨日の「○○ちゃんの声」面白かったね!! とか

 

「○○ちゃんってあんなキャラだったんだ!!」とか

 

そういう話題がユーザーとの会話で
出てきますよね(*´▽`*)?

 

必ずしも「フランク」な関係が
良い訳ではありませんが…

 

賢まられるよりも
フランクの方が好む人は非常に多いです^^

 

かたっくるしい形式の方が良い人の方が
「割合」として少ないですからね^^;

 

お金かけてでも作った方が良い動画
お金かけなくても全然良いでしょという動画

 

2種類あるんだと
知っておいて下さい^^

 

YouTubeはスマホやタブレット
もしくはビデオカメラさえあれば
すぐ導入できますからね^^

 

手軽に始められる

 

というのが、魅力の1つです^^

 

費用帯効果も実際
恐ろしいぐらい高い
です(笑)

 

それでは、本日は以上です!

 

ありがとうございました!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小田のアバター 小田 代表取締役

起業して13年目。累計30業種以上の個人起業家の起業支援や法人のWebマーケティング実務支援を行ってきた。

得意分野はWebマーケティングを活用した集客や販促法。企画によっては、数百万~数千万円を売上を上げる。

日本代表選手や国体選手らを見ているスポーツトレーナー、某地域の助成金件数No1の社会保険労務士の事務所、地域で有名な医療法人、業界No1のメディアサイト会社などのリスティングや戦略企画案などのサポート担当。

また、小田のサポートを受けて電子書籍を出版した64名のうち62名(96.8%)の方がAmazonランキング1~15部門1位を獲得。サービスを受講した方からは「説明が分かりやすい」「対応が速くて助かる」などの声が多い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる