やることを絞るとお客さんが増える理論


今日の朝は岐阜でしたが
もう少ししたら東京に向かいます。

 

銀座で美味しい
ラーメン屋があるそうなので
食べに行きたかったですが
そのまま、目的地に向かうかも〜。

 

こんにちは、小田純也です。

 

最近メルマガの更新頻度が
少し落ち着いていますが
裏では、大分激しく動いています。

 

ちなみに最近
クライアントさんである
Mさんという方の事業が
追い風モードになってきました(嬉)

 

様々なことをやり過ぎて
伸び悩まれていましたが
やることを絞ってもらったことで
今、良い感じになってきました。

 

■(※画像)Mさんとのやりとりはこちら
hotel-jiseki

今のまま行けば
年内には、大分、基盤を
作れていけるようになり

2018年は爆発するのでは
ないでしょうかね。

 

日本でもまだ数少ない立場の
ある権利も手に入られたようなので
これから楽しくなりそうです。

 

起業というのは不思議なもので
「あれもこれもできる」というのが
一つのやりがいでもあり
楽しみでもあります。

 

しかしながら、1つのことが
確立できていないのに
様々なことに着手をすると
「忙しいのに貧乏な状態」になります。

 

私自身、20代で起業して
色んなビジネスにやっては
止めてきているからこそ

 

より一層
この法則みたいなものを
強く感じます(笑)

 

そう、意外と成果を出すためには
「あれもこれも」やることではなく
まず、「やることを絞ること」です。

 

例えば、飲食店での
メニュー選びがありますが

 

メニュー数が多ければ多いほど
選択に時間がかかって
選びにくくなりませんか?

 

その原理と同じことが
ビジネスで起こっているのです。

 

もし、すき家のメニューが

・牛丼
・豚丼
・カレーライス

の3つしかなければ
そこまで悩まないでしょう?

 

しかし、これが

「高菜明太マヨ牛丼」
「キムチ丼」「ネギ玉牛丼」
「鶏そぼろ丼」「まぐろたたき丼」
「さんま丼」「うなぎ丼」など

と、様々な選択肢があるから

 

「うーん、どうしよう。。
鶏そぼろも良いけど
まぐろたたきも食べたい。
あーでも、こっちも捨て難い。。」

 

なんて、悩むのです。

 

だから、もしこのように
やることを増やしているならば
「絞って」みてください。

 

よく絞ることで
「お客さんが来なくなるのでは?」
みたいな話がありますが
これは、「錯覚」です。

 

絞ることによって
「何屋さんか?」が
明確になりますし

そのビジネスに使う
時間数が増えるので
上昇傾向になっていきます。

 

これは理屈ではなく
やってもらわないと
何とも分からないと思うので
是非、やってみてくださいね。

 

さて、最後に1つお知らせを。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ブログやFacebookなど
面倒な作業をすることなく
最近、月100以上稼いだ方法が
ありますが、興味ありますか?

 

当然、成果が出るには
個人差があるんですが

 

まだこの方法は
やっている人も少ないですし
ちゃんと実践すれば、リアルに
成果が出る方法になります。

 

もし、興味がありましたら
10月の中旬頃には公開しますので
楽しみに待っていてくださいね。

 

それでは、またメールします!

 

P.S

9月の個別相談は
【残り2名】とさせていただきます。
http://airstyle.info/30skype-con/

 

それ以上の方は
申し訳ありませんが
10月とさせていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL