Ustream日本法人撤退から学ぶリスク管理とは!?

ustream

おはようございます、小田純也です。

 

こちら、もう既に知ってますか?

 

12月1日に
Ustreamという動画配信サービスが
アジアでのサービスを
2016年1月には「なし」にする

 

ということが発表されました。

 

ustream

 

 

 

 

・既に知っていた

・今、初めて知った

 

これはどちらでも良いと思っています。

 

ただ、お伝えしたいことは

「プラットフォーム」に

依存する”だけ”なのは

「リスク」になるということです。

 

私もYouTubeという
巨大プラットフォームを
利用しておりますが…

 

無料サービスというのは
会社の都合で全て変更します。

 

その会社が

「このサービスを止める!」

と言ったら、中止になるのです。

 

無料サービスや
プラットフォームに依存すると…

 

朝起きたら

アカウントが消えていた

サービスがなくなっていた

なんてことは
別に珍しくもありません。

 

ただ、誤解して欲しくないのが

「プラットフォーム」を活用した

ビジネスが悪い訳ではありません。

※ここが重要です。

 

プラットフォームと
上手く付き合いながらも
独自のサービスを展開する

 

これがリスクを押さえつつ
ビジネスを安定させる秘訣です。

 

私自身も、以前アメブロが
全面的に「商用利用禁止」になるまで

読者を1000〜1500人集めたブログを
3つ程、運営していた経験があります。

 

ただ、ある日突然
3つとも全て削除され
放心状態になった記憶がありますw

 

今となっては良い思い出ですが
「通知」もなく削除されるのは
その時は、ショックだったりします。

 

アメブロ
FC2ブログ
Seesaaブログ
Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
Buyma
Amazon
ヤフオク
LINE
LINE@

 

などは全て
“無料”で使用できますが…

 

会社がもう止めるぜ! とか

規約に違反してるぜ! とか

このアカウントうぜぇぇ とか

 

なった瞬間に消される
可能性があるので
独自サービスは必ず
セットで展開しましょう!

 

対策法としては…

・メルマガをする
(まぐまぐとかダメですよw)

・独自サイトを作成する
(サーバー+ドメインを独自で)

 

この2つさえしておけば
特に問題はないでしょう。

 

私ですと、定期的に
メルマガの読者も
「データ化」してますし
外付けHDDにも移動させてます。

 

ネットは便利ですが
「リスク管理」が手薄な人が
結構多かったりします。

 

「ネット=良くわからん」

と言うのは、個人の自由ですが…

 

使う以上は、私は

分かるように努力はすべき

だと思います。

 

その道具を使っているのに
「分からん、分からん」と
言い続けるのって
何か意味ありますw?

 

ぶっちゃけ”無意味”かと^^;

 

分かるように努力した方が
よっぽど生産性あるかと
思うんですよね。

 

始めから
分かるはずもないですからね。

 

ということで

プラットフォームとは
上手く付き合いながら
独自サービスを展開してきましょう!

 

それでは
良い日曜日をお過ごし下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL