集客用商品と利益用商品を分けていますか?

治療院

おはようございます、小田純也です。

 

最近は嬉しいことに
問い合わせや相談を
いくつかいただいております。

→ http://jsmaho.com/otoiawase/

 

相談することで結構
思考がスッキリされるようで

 

もしそうであれば
こちらとしても
なんとも嬉しい限りです。

 

スッキリ!

 

ということで
早速本題に映っていきます。

 

あなたはご自身の

集客用の商品と利益用の商品

しっかり分けていますか?

 

利益用の商品ばかりを
提案できるのは

 

既に比較検討が終了していて
購入意欲が非常に高い人

 

ぐらいしかいません。

 

基本的には

 

何がいいかなぁ?と比較して
体験みたいなのがあれば
“無料”もしくは”低価格”で
サービスを体感してみて

 

その内容が
納得のいくものであれば
さらに高い有料商品を購入します。

 

ちょっと難しい言葉を使うと

 

集客用商品のことを
フロントエンド“といい

 

利益用商品のことを
バックエンド“といいます。

 

少し整体を事例として
お伝えしましょう。

 

地域情報誌に出している
整体やカイロさん。

 

あれってよーく見てみると
通常6,000円の施術を
このクーポンを持ってくると
2,000〜3,000円になるよ!!

 

と少し低価格に
なっているじゃないですか?

 

あれは、何をしているかというと
体験してもらわないと
自社のサービスの良さを
伝えることができないので

 

まずは

来店して体験してって

というものを狙っているのです。

 

マッサージ

 

これを”フロントエンド”と言います。

 

特に整体というビジネスは
“地域ビジネス”ですから
地域情報誌に出していくのは
鉄板ですし、王道かなと思います。

 

で、仮に50,000円で
その地域情報誌に掲載できるとして

 

そこから10人の方が
来たとしますよね?

 

仮に施術代が
2,000円で体験しに来られたら
10人で20,000円の売上ですから

 

このままでは
30,000円の「赤字」に
なってしまいます

 

ただ、ここで10人のうち
3人は5,000円のコースに
平均4回は来てくれる。

 

というデータが
とれていたとします。
(数値計測はしっかりしましょうね)

 

とするならば

 

一人から得られる
LTVは20,000円

 

その方が3人いらっしゃるから
60,000円ですよね。

 

■広告費50,000円
■体験(2,000円)10人 20,000円
■体験の10人のうち3人が
5000円を4回払う。60,000円

 

つまり、売上80,000円に
広告費50,000円ですから
利益が30,000円になります。

 

ここでいう
5,000円の整体コースが
“バックエンド”と言います。

 

ただ、私であれば
この金額はバック1にして
他にも作りますがw

 

しっかり
集客用と利益用を設計して
その仕組みの”費用対効果”が
ちゃんととれてるか?

 

ということをしっかりと
把握しておくことが重要です。

 

考えるビジネスパーソン

 

以前の私は
結構、どんぶり勘定でした。

 

しかし、どんぶり勘定の人って
数字は跳ねていきませんからね。

 

なぜなら、何が問題で
うまくいかなかったのか?
わからないじゃないですか?

 

費用対効果としても
計算していなければ
わかりませんよね。

 

ただ、先ほどのように
数値計測をした結果
30,000円の利益が見込めるなら
ガンガン投資すべきでしょう。

 

実は、来月私はチラシを
出すことにしてまして
現在、3000部以上を
印刷してもらうよう手配しました。

 

問い合わせ5〜15件でも
反応があれば嬉しいなーと思ってますし

 

そこから1件でも
有料コースに成約したら
余裕で広告費は回収できます

 

なんとなくで投資するんじゃなく
狙って回収する仕組みを作ること。

 

これが”重要”です。

 

広告というのは…

 

誰が出すか?
広告場所はどこに出すか?
出すタイミングや時期はいつか?
オファー内容は何か?

 

これにより
全く成果が異なりますので
参考程度が望ましいでしょう。

 

分かりやすくいえば

 

A社とB社が同じようなチラシを
同じ場所に同じタイミングで
出したとしても…

 

オファー内容によって
変動しますし、成果が
保証されることはありません。

 

広告ってそんなもんですね。

 

仮説と検証の繰り返しで
改善していくものなので。

 

御社の商品を
どの商品で集客して
どの部分で利益を得るのか?

 

しっかりこの”導線”を
イメージして仕組みを
構築していきましょう!!

 

それでは、また!

 

追伸1

 

夜泣きがひどくて
早く寝ないと身体が
最近持たなくなってます(泣)

 

チビは1人よりも2人。
2人よりも3人の方が
育てるのは大変ですね。。。

 

ちなみに、ウチは2人ですが
3人以上育ててる世間のママ
まじで尊敬しますわ。

 

今のところ半年間は
大変かなーって感じです。

 

いやー、良い修行です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL