速攻で問題解決ができる超単純なたった1つの方法とは?

2920314_l

おはようございます。
小田純也(おだじゅんや)です。

さて、今日のテーマですが。

今、実績やスキルが乏しい人や、やれることが限られている人がどうやって這い上がっていくのか?
という考え方を具体的にお伝えする動画を公開します。

是非、興味のある方は見てくださいね^^

個人起業家としてTOP10%に最短に入り込む戦略法について(7分35秒)

最近、ビジネスをやっていてより再認識しています。

何かというと、人に聴けば「即解決」することを自分の殻に閉じこもる選択をしまって、「5年、10年」と年単位で同じ悩みを持ち続けて、ずっと苦しい思いをしている人も結構いらっしゃるんですよね。
中には、その行為によって大切な資金をどんどん減らし、借金を重ねてしまっている人もいます。
でもこれって必然的に自分で自分のトラウマやマインドブロックを作っているような感じです^^;

仮に、あなたが質問をしているのに、回答が返ってこないならそれは間違いなく相手の問題ですけども。
分からないことがあるのに人に聴かずに分からないままにしておくのは、これは非常にもったいないですよね。

ビジネスをめちゃくちゃ難しく考えている人が多いですが、ビジネスの世界というのは何か特別なことをやらないと成功しないって話ではありません。
当たり前のことを当たり前にやっていくこと、ホントただそれだけです。
むしろ、最初はだれもが「できない」ことだらけの状態からスタートです。

そして、その「できない」ことがあったとしても、人に聴いたり自らが実践して「できる」ことの量を増やしつつ、質を高めていくことの積み重ねていけばいいんです。

シンプルな構造で説明するなら、

■分からないことが出てきたら
⇒ まずは自分で調べて
そこから質問してみたらいい
■分かるなら
⇒ 自分でどんどんやればいい

ホントこれだけなんです。

また、コンサルをやっていたり個別相談に来られる方からよくある言葉として、
分からないことが分からないという声もいただきます。

もしかしたら、この中にもそういう人もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、僕も学ぶ分野が違えばそういうことになるので、この気持ちはよくわかりますw

でも、もしそうであるならば、僕のYouTubeの動画を見るなり質問に来て欲しいんですよね。
「何が分からない状態なのか?」というのもまずは、人に伝えないと、それすら全く伝わりませんw

「何か質問ありませんか?」と聴いているのに何も答えなければ、相手としては何もやりようがありません。
そもそも、自分で起業・事業するなら尚更、自分で仕事を作る立場になるので、そのような状態になっていては絶対に仕事としてやっていけません。

最初は、分からないことが分からないで別に良いんです。
でも、分からないことを分かるようにしていくことが、起業家の仕事だったりするんですよね。
僕もたまに言われるのでその場合は、「思考の整理」をしていくことをしています。
結局、やるべきことというのは実は決まっていて、後はそれをやるか、やらないか、だけなんですよね^^

ただ言いたいこととしてオンラインにしろ、対面にしろ「コミュニケーション」は必須です。
結果が芳しくない方はおそらく「自分の殻に閉じこもっているんじゃないかな?」(対話していないのでは?)
そう思っています。

いくら『○○集客法』を学んでも、仕事を依頼する、しないの基準って対話ができるかどうかだと思うんです。
あなたはどうでしょうか?

あなたの問いかけに対して「全然返信をしない人」と「ささっと返信をする人」と比較した場合、どちらの人に仕事の依頼をしますか?
月1回しか連絡がない人と月30回、40回と連絡がある人とでは、どちらの人に依頼しますか?

僕なら、間違いなく後者の人の方を選びます。

より理解できるため仕事の話や、深い話をするなら後者の人になります。
対話をする分だけ「親密度」は上がります。
親密度の高い人だからこそ、より助けてくれたり応援してもらえたりするもんなんですよ。

僕もひきこもっちゃいますが、基本的には、チャットの返信は24時間以内には必ず返信しています。
自分の興味ある分野でお金を得ていきたいなら、対話ってホント大事なのでちゃんと意識的にやれるようになっていきましょうね^^

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)