起業家がしっかり見て欲しいKPIとは?


おはようございます。
小田純也です。

 

昨日より

電子書籍×高単価クライアント
獲得術 実践セミナー&説明会の
募集をしております。

 

11月6日(月)23:59まで
早期割引が適応されます。

ネット上では
一切公開できない情報を
直接会場にお越しの方には
お伝えしていきます。

 

興味のある方は
下記のページをご覧ください。

<11月6日(月)23:59まで>
※早期割引により40%OFF
http://scp03.xsrv.jp/epub/seminar2/

 

さて、本題に移ります。

あなたは、KPIを
聞いたことありますか?

もし聞いたことがなければ
かなり重要な指標ですので
本日中に覚えておいてくださいね^^

 

KPIは
=Key Performance Indicator
この略になりまして

意味としては
重要業績評価指標
になります。

 

小難しい語句のため

中小企業さんなどに
関係ありそうな文字に
見えるかもしれませんが
実はそうでもありません。

 

むしろ、起業家であれば
KPIという言葉を知らないとしても

この思考になってないと
改善する場所がズレてしまい

漠然と無駄なことに
時間と労力を使うハメに
なってしまいます。

 

我々のような
コンサルタント業であれば
これ意識せずしてやっていたら
完全に「エセ」レベルですよ。

 

じゃあ具体的にKPIが

「どういった場面で
 利用されるのか?」

ということを
これから解説していきますね。

 

そもそも、KPIとは
上記で述べた通り
「指標」なんですよ。

 

つまり

・量
・質
・回数
・頻度
・コスト
・進捗率

など、このように
「数値化」できるものだと
捉えてもらえればOKです。

 

よく起業家の
目標の立て方で
ありがちなのは

・10月は100万円稼ぐ!

とか、こんな感じなんです。

 

確かにこういった
立て方も大事なのですが

「どうやって
100万円を稼ぐのか?」

というのを、もう少し
明確にしなければ
現実的に不達成で
終わるパターンになります。

 

例えば、客単価が
10,000円の商品しかないならば
100人に売らなければいけません。

 

もし、現状50人しか居ないならば
残り50人をどう埋めるか?」を
考えなければいけません。

 

ただ、考えてみてください。

売上というのは

客数×客単価×リピート数

というベタな計算式ですから

何も「客数」のみに
こだわる必要はありません。

 

数ヶ月、数年で
「50人」にしてきたのに

1ヶ月、2ヶ月後に
「100人」と目標設定するのは
少し非現実なように思えます。
※よって、この戦略はNGです。

 

10,000円の商品を
50人に売っていれば
現状、50万円は得ていますが

目標数値が100万ならば
後、50万円の売上が不足しています。

 

この50万円の売上をどう作るか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここをより細分化しないと
目標達成ができないんですね。

 

このように、その目標を
達成するために実際に
どの指標を基準にして
売上を上げていくのか?
(どの指標が重要なのか?)

 

これをKPIというんですね。

 

もし、毎月上記のような
目標しか立てていないのであれば
さらに「細分化」してみると
より成果が出てきます。

 

例えば

「客単価を上げる」という

方向性で行くならば

 

・いくらのもの?

・サービス内容は何?

・どんな人がターゲット?

と、「客数を50人増やそう!」と
考えていた視点から
変わってきますよね。

 

再度、言いますが
漠然と目標数字を上げても
その目標って達成されないんですよ。
※私が長く反省してきた部分です。

 

そうではなくて

その売上を
どうやって作るのか?

ここをもっと
深堀をして欲しいのです。
(※今回は売上で例えてるため)

 

また、セミナー講師業を
されている方ならば

セミナー10人これば
3人がバックエンド買う。
(コンバージョン30%)

と分かっていれば

「10人の人を
セミナーに参加するためには
何人の人に見込み客を
獲得していけばいいのか?」

と分かってきますよね?

 

もしくは、何人に
「メッセージ」を送ったのか?とか。
※アポイント数で測定しても良い。

アポイント数 50人

セミナー 10人

バックエンド 3人

 

ここまで分かっていれば
後は、「アポイント数」を
増やしていけば利益が
増幅しそうですよね?

 

このように、自分の売上を
上げるためには
どの指標を高めればいいのか?

 

ということを知ることは
非常に重要ですので
是非、意識をしてみてくださいね。

 

まぁ、自分質問形式にして
自分で解いてみたりすれば
シミュレーションできますよね。
(こういう地味作業は怠らずに)

 

やったことがない人は
「慣れる」ためにも
是非、シミュレーションを
行ってみてくださいね。

 

それでは、またメールします。

 

P.S

こちらのページの
チェックもお忘れなく。
http://scp03.xsrv.jp/epub/seminar2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL