広告が要らない?そんなのバカげているわ


今日の話、人によっては
笑えるかと思います。

 

では、今日もいってみましょう!!

 

おはようございます、小田純也です。

 

昨日の夜から小田は
イラついています。

 

何にイラついているかと言いますと

 

「広告なんて要らない」

「広告なんてお金をドブに捨てる」

「広告なんて費用対効果に合わない」

 

という

 

自分の身銭を切ったこともない

 

自称マーケッター
自称コンサルタント
自称ブロガー

 

が多いことに、です。

 

これ、私の主観ですけど
要らないって言えるのは

 

4名、5名の集客力しかないのに
満員御礼とか謳うとかではなく
(戦略的に場合によってはありです)

 

50名、100名単位で
満員御礼の人が言える
セリフだと思うんですよね。

 

もしくは、自分で
毎月10〜30万円の広告費を投資し
最低でも1000万円以上は使ってきてないと

 

私からしてみれば
すげー説得力にかけると
思うんですよね。

 

え、何の根拠があっあてそれ言ってるの?」ってw

あなたはどう思いますか?

 

だって、やったことないのにですよ。

「必要ない」

「ドブに捨てるようなもの」

って言い張るんですよ?

 

完全、意味わかんないですよw

 

ただ、私の読者の方には
ちゃんとした広告の成果を
イメージして頂きたいですし

 

実力のない薄っぺらい人の
情報に間違っても鵜呑みに
して欲しくないんですよね。

 

ということで
理想の広告を活用する際の
計算方式はこんな感じです。

 

「10万円/月」の広告費に対して
1リスト獲得単価500円だとします。

 

そうすると200リスト集まります。

 

その集まった200リストのうち

 

5万円の商品を2%(=4人)の人が
購入したとしたら

 

5万円×4人=売上20万円

20万円-10万円=利益10万円

 

という成果になります。

 

こういう計算式が
さらっと出せない

 

コンサルタント
マーケッター
ブロガー

 

と呼ばれている人の話は
聞いても全く得はないでしょう。

 

上記のシミュレーションであれば

 

10万円の投資をしたことで

・10万円の利益

・200人の顧客リスト

獲得することができた

ってことになります。

 

かなりの費用対効果の良さ
わかりますか?

 

逆に言えば

 

もしこの広告費10万円を
投資しなければ

・10万円の利益

・200人の顧客リスト

この2つを機会損失している

ということになります。

 

では、何故
そういった自称系の人は
「広告」を否定するのか?

 

理由は簡単です

 

基本的な思考で言うと

「お金がかかること=悪」

だと考えているからです。

 

本人はお金とって
教えているにも関わらず

広告に払うお金は
「悪」だと感じているのです。

 

不思議ですよねw

 

何故か?

 

それは、クライアントの方々が

 

「○○というところに
広告費を毎月30万払ってるけど
全然効果ないんだわ〜」とか

 

「Googleのリスティングに
広告費、毎月10万円出してるんだけど
3人しか獲得できないんだわ〜」とか

 

いわゆる「表面上」の話ばかりしか
聞いていないからなんですよ。

 

まぁ広告否定派・口コミ推奨派の方に
聞いてみてください。

 

先生はさぞ広告に
1000万円以上の投資をして

 

自ら実践・検証をして
効果がないことを
私に教えてくれてるんですね!

 

と。

 

間違いなく、口籠るでしょうし
90%以上の方は
自分で数値計測しながら
実践なんてしてませんから。

 

そもそも、上記の数字が
さらっと出てこない人がほとんどです。

 

私からしてみたら
何も教わることはありません。

 

出直してこい、です。

 

そういう人は
「口コミ」が一番良いと言いますからね。

 

確かに、0円のコストで
お客さんになって頂けるので
これだけ良いことはありません。

 

治療院系なんかだと
「紹介」だけで成り立っている

 

ということもあるでしょう。

 

しかし、紹介だけに頼るって
私からしてみたら危ないですよ。

 

何故なら、紹介って
そんな立て続けに起きます?
って話ですし。。。

 

本当に沢山起こせるなら
年商1〜10億は余裕で
いってるんじゃないの?

 

とすら思います。

 

紹介をしてもらう仕掛けを
作ることも重要ですが…

 

自ら顧客を獲得できる力を
身につける方が私は
10倍以上大事だと考えています。

 

新しいメディアが出る度に
すぐにメディアの特性を掴めば
ウブな顧客を獲得できますし
顧客獲得単価も下がるでしょう。

 

つまり、メディアの特性を
理解した上で頭を使って
常に対応をしているから

 

・新規顧客

・リピーター

・紹介での顧客獲得

 

の3方向のバランスが
超絶良くなるですよね。

 

私自身、以前は

 

アメブロ読者700〜1500名を
3つ以上運営していたことありますし

 

PVも裏技使って
30000か50000PV/日まで持っていって
あるランキングで1位になりました。
(※ブログランキングも。)

 

Twitterのフォロワーも
過去3万フォロワー以上
作ったこともあります。

 

ただ、これは多い人は
その100倍以上いますから
特に自慢にはなりません

 

インスタグラムのフォロワーも
今日時点では、4600ちょっと

 

中小企業動画活用チャンネルの
YouTube単体メディアで言えば

 

チャンネル登録者数360名
動画本数302本
限定動画186本
合計488あります。

 

証拠はコチラ
youtube動画本数

 

つまり、私は
無料メディアをそこそこ
使ってきた人間かと思います。

 

で、実践してきた上で

 

これは

「意味がある」

何故なら、こうだから。

 

これは

「意味がない」

何故なら、こうだから。

 

と伝えているのです。

 

やってきたことは
決して「無駄」ではありませんが
まぁかなり遠回りしてきた感は
個人的には感じています。

 

ということで…

 

そもそも、広告なしで
新規顧客を1ヶ月1000リスト
集められるのか?

 

ってそういう自称の人に
是非聞いてみてください。

 

ちなみに、私は現状100%無理です。

 

広告使えばいけますが
なにせ勇気がなく
「1000人/月」集めたことがありません。

 

まぁ今年こそってことで笑

 

いかがでしたか?

 

広告一つとっても
結構、深いと思うんですよね。

 

私自身、この分野は
研究不足ですし
広告はやっぱ代行するか
パートナー欲しいなぁと考えてます。

 

ということで
変な人の情報は
鵜呑みにしないように
十分に気をつけてください。

 

それでは、また!

 

追伸1

これ参考になりますよ〜

なるほど!

 

追伸2

本当に要らないなら
リスティング系の会社や
求人系の会社、破綻ですわw

アホかって話ですよね^^;

ちゃんと計測しろってーのw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL