公立・私立でかかる教育費を比較

高校教育

おはようございます、小田純也です。

 

本日は

公立・私立高校でかかる教育費の差

について話をしてみます。

 

高校教育

 

 

 

 

 

 

テクニック論ばかりだと
あまり面白くないと思いますので
いつもご覧頂いている方にとっては
少し斬新な話ではないでしょうか?笑

 

・今、子どもが居る
・結婚してる状態だけど、子どもが今後欲しい
・また独身だけど、将来子どもが欲しい

 

立場はそれぞれかもしれませんが…

 

知っておいて損はないですし
知っておけば、将来設計(ライフプラン)が
立てやすくなるかと思いますので
是非、参考にしてみて下さいね^^

 

☆公立・私立でかかる教育費の差とは!?

 

お金に関しては「何とかなるでしょ〜」という人程
しっかりと現実を受け止めて欲しいですね。

 

今後の時代を考えると
「なんとかなる」は「何ともならん」です。

 

そんな人を論破しようと思えばできますが
(※面倒なので絶対しませんが)
要は知識として持っておいて
仕事をした方が、多少なりとも
楽になりますよってことです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL