企業理念を作成する方法


おはようございます!
小田純也です。

 

件名の【企業〇〇】の部分は
ズバリ【企業理念】になるのですが
改めて大事だよねー、と思ったので

 

他社さんって
どんな理念を掲げて
事業をやっているのだろう?

 

と気になって
調べてみました。

 

そしたら、NAVERまとめに
一覧で出てきましたので
こちらでシェアします。
→ 企業理念の一覧はこちら

 

や、やるな、NAVERまとめ。
簡潔明瞭じゃないか笑

 

私の場合、現状
社員さんはおりませんが

外注さんは
数名いらっしゃるので

 

「自分がどんな思いで
 仕事をやっているのか?」

 

ということは
必ず共有しています。
※採用する際に話しています。

 

多分、というか絶対
社員さんを雇うことになったら
毎日のように語らせます笑

 

「なんのために
 誰のために
 仕事をするのか?」

 

代表者はともかく
大抵、社員さんには
浸透しないものです。
(もちろん、浸透している方もいます)

 

私は、他人にあやかるような
仕事を選択しない方が良い
と思っているタイプです。

 

何故なら

 

「なんのために
誰のために
仕事をするのか?」

 

これらの思いが
「弱い」傾向があるからです。

 

大抵は

 

「稼ぎたいから」

「儲けたいから」

 

おいおい、なんだ
その普通すぎる理由は!って話です笑

 

よほど革命的な商品じゃなければ
響くこともないし、サービスを
購入されることもない。

※一般人には
そんなもの出回ってきません。

 

そりゃ年収400万円より
年収1億円の方が良いに
決まってますわって話です。

 

単なるマネーゲームがしたいなら
「投資」が一番効率が良いですよ。

 

FXや株式投資はもちろん
最近ならバイオプもあります。
1分で掛け率の1.8倍
増やせたりします。

 

でも、それって投資であり
ビジネスではない、んです。

 

私は、仕事をする理由が
「生活」をするため

なんていう人を
1人でも減らしたい
と考えています。

 

自分の仕事を見直すのであれば

 

「Aという事業を
 成功させることで
 多くのBという人達に
 Cという役に立ちたい」

 

これに当てはめてみてください。

 

私であれば

 

コンサルティング業(A)を
成功させることで
多くの中小企業の経営者(B)達に
事業の収益をアップさせる(C)
という役に立ちたい

 

という感じです。

 

現状のクライアントさんは
企業の経営者のみでなく
士業さんやサロンさん
その他の「事業主」さんも
含めています。

 

誰かに”何か”の
メッセージを伝える際は

 

今回お伝えしているような
「思い」を付け加えるだけでも
だいぶ、伝わり方が変わりますよ^^

 

メルマガ内では、私は
検証した&手に入れた
データを公開したり
ノウハウを公開していますが

それは、あくまでも
表層的な部分、にしか過ぎません。

 

普通に話している時は
「在り方」重視です。

 

だって、嫌いな人からは
サービス買ってくれんすよ笑
※買われたとしても
すぐ乗り換えられます。

 

「なんのために
誰のために
仕事をするのか?」

 

是非、明確にしてみてくださいね!

 

それでは、また〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL