何十社か経営している方のセミナーで学んだ3つのこと


おはようございます。
小田純也です。

 

お客さんを獲得しやすい状況を
作りたい、と考えている方は
こちらの方法を導入してみてください。
http://airstyle.info/4660-2

 

さて、本題に移ります。。

 

昨日、国内・海外含め
グループ会社を20社以上
経営されている方の話を
聞いてきました。

 

本人の実績もですが
生徒さんもハンパなく
(年商億〜20億前後の方が多い)

トークも面白く
あっという間の4時間でした。

 

事業の成果事例や失敗事例など
かなりの例が聞けたので
内容は良かったです。

 

そこで学びになったことを
3点シェアさせていただきます。

 

=================
1 年商1億はマーケのみでいける
=================

年商1億円までは、個人起業で
「マーケティング」だけで
いける、と豪語してました。

 

ただ、そこからは
「組織化」に入っていかないと
厳しくなるラインだそうです。

 

ですので、1億までの人は
「M&A(買収&売却)」スキームや
組織化などのことは一切考えず

とりあえず、数字だけを追って
「集客→販売→リピート」の数値の
どこが悪いのか、を改良していけば
気合いでいけますよ、と仰っていました。

 

=================
2 好きなことや得意な分野で勝負しない
=================

 

「好きなこと」や「得意なこと」で
成果を出そうとする人が多いが

そもそも、需要がないところで
何かの施策を打ったところで
需要がないんだから
売上を作ることができない。

 

出資する以上
利益を出せないなら
それは、本人が現段階では
やるべき事業ではない。

 

・・・続く

 

↑言われてみれば
当たり前のことですが
個人的にはこの言葉が
結構印象的でしたね。

 

マーケティング用語には
「プロダクトアウト」と
「マーケットイン」という

 

この2つの言葉がありますが
昨日の先生方の思考は
完全に「マーケットイン」でしたね。

 

要は、市場の需要があるかどうか
実際はわかんないから
とりあえず「広告」を打つ。

 

広告を打って費用対効果があれば
その市場に参入する、といったような流れですね。

 

で、自分でできない仕事なら
「SNS」で検索してメッセージを送り
興味があれば、その方にやってもらう。

 

と言っていましたね。

 

それである国まで来てもらい
やってもらったようです。

 

中には、日本に居た時は
年収100万円だったようですが
(年収ですからね笑)
2年後には年商5億になったようです^^;

 

いやぁ、人生ってわからんものですね笑

 

=================
3 めちゃくちゃ早い
=================

 

例えば、多くの人は
1つの施策がダメなら
「ショボン」と落ち込み
手が止まってしまいます。

 

しかしながら
上手くいっている人は
次々と手を打っていきます。

 

AがダメならB。
BがダメならC。

・・・

 

とにかく早い。

 

また、アクセスの踏み方が
ハンパなさそうに感じました。

 

例えば
「これはいける!!」と思ったら
10〜100人雇っちゃうとかね。

相当アクセル踏んでるって感じしませんか?

 

かなりぶっ飛んでますよね笑

 

また、印象的だったのが
見切りをつけるのも早い
ということです。

 

彼らの考え方は
「市場の悩みがありそうなところに
ビジネスを作っていく」と
言ったような感じです。

 

なので、上記でもお伝えしましたが

 

「これニーズが
あるんじゃないかな?」と

 

思ったら、まずは
ウダウダ考えずに3〜10万の
広告を打ってテストしてみる。

 

反応があれば、やるし
反応がなければ、少ししか
なければやらない。

 

このように明確な判断基準を作り
見極めていらっしゃいました。

 

今回、「参加したいなぁ」と感じる
オファーだったのですが

 

想定していた参加費よりも
参加費が約4倍は高かったのと
「今の自分にはまだ早い」と思い
今回は断念しました。

 

個人起業家のビジネス塾や
ビジネススクールなら

・マーケティング

・セールス

・ライティング

など、もう習う内容が
ほとんど決まっているので
ノウハウだけを学びたいなら
自分はもういいかなって感じです。

 

投資するとしたら
「人との出会い」に
投資するでしょうね。

 

あなたもネットで見ていて
「この先生と仲良くなりたいなぁ」と
感じたことありませんか?

 

私は、何度もあります。

 

その場合、どうやって仲良くなるか?

 

答えは簡単です。

 

その方の
「お客さん」になれば良いのです。

 

お客さんになれば
蔑ろな態度をとられることは
基本的にはありません。

 

ただ、多くの人が勘違いしているのは
お金を払えば「成功する」と
勘違いしているところです。

 

あくまでも、お金を支払うというのは
「チャンス」を得るキッカケにしか過ぎません。

 

50万払おうが、100万払おうが
それは、チャンスを得るキッカケです。

 

そこから何を実践し
どのぐらいの量をやるのか?

まさにそこが、あなたの
成果の分かれ道になります。

 

私の実践マスターコースに
参加されている方は入った
その月か翌月には「講師業」をやってます笑

 

講師業をやったことがなくても
「勉強会の開催」をやってもらっています。

 

本人達は「も、もう!?」という感じでしょうが
稼ぎたいならそれが「普通」の基準値です。

 

昨日の先生方の話を聞いて
改めて感じましたね。

 

ビジネスは遅いだけでダメ」だと。

 

逆に言えば

速いだけで上手くいきやすい」とも

感じました。

 

自分自身も、生徒さんにも
徹底させていきます^^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL