先生業のビジネスでの売れやすい型を公開


=========================
【日本一かんたんな
電子書籍を活用した
クライアント獲得術】

<開催日時>
2018年1月12日(金)21:15〜23:00
2018年1月20日(土)21:15〜23:00

<開催場所>
ZOOM 全国どこでも受講可能

<参加費>
無料

<参加申し込みはこちら>
原則、時間通りにご参加ください。
→ https://goo.gl/B6XAo5
=========================

 

おはようございます。
小田純也です。

 

最近は、結構
「在り方・考え方」部分を
重視した内容になっていました。

 

なので、本日は
先生業のビジネスで
 売れやすい型」を
お伝えしていきます。

 

まず、多くのビジネスに
共通している売れやすい型と
いうのがあります。

 

それは

集客用商品
利益用商品(主力商品)

この2つを分けた型になります。

 

ビジネス用語で
「集客用商品」を「フロントエンド」
「利益用商品(主力商品)」を
「バックエンド」と言います。
※絶対覚えておいてください。

 

私のところに
個別相談に来られる方にも

 

「集客用商品は何になりますか?」

「メインの商品(利益用商品)は
何になりますか?」

 

というのは聞くのですが

 

相談に来られる方の
7〜8割の方は上記のように
商品を分けずにビジネスを
やろうとしてるんですよね。

 

分けて考えていない人は
結構な率で利益用商品を
全面に押し出そうとするんですよ。

 

でも、それでは常に
集客に苦戦すると思いますよ。

 

仮にそれが「顧客リスト」を
持っていたとしても、です。

 

例えば、セミナー講師関係の
養成講座などをやっている人は
非常に明確に分けています。

 

どんな感じかというと

 

■集客用商品
体験講座(3,000円〜5,000円)

↓(個別相談)

■利益用商品
メインの養成講座50〜200万円

 

ざっくり言えば上記のような感じです。

 

上記のパターンの場合は
「体験講座」ではありますが

体験講座に集めるための
キャッチコピーやユーザーの
刺激の仕方、というのは

本講座の訴求とは分けて
話す必要があります。

 

要は、フロントエンドと
バックエンドの訴求の仕方は
「同じ」じゃないってことです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

また、この話に
少し付随した話にもなりますが
「新規顧客」にアプローチする方法と
「既存客」にアプローチする方法は
全くと言っていい程、異なります。

 

これがちゃんと整理されていないと
伝えたい文章が的確に伝わりません。

 

簡潔に言うなれば

「新規顧客」というのは
あなたのことを深く知りません。

「既存客」というのは
あなたのことを結構知っています。

 

詳しく知っている人と
知らない人とでは話す内容も
異なりそうじゃないですか?

 

つまり、『関係性の違い』があるから
アプローチ方法は違って当然だし
違わないといけない、ということです。

 

話を戻しましょう。

 

では、どんな集客用商品の
フロントエンドをどのような
中身にしたら良いのでしょうか?

 

そのポイントを一つだけお伝えします。

 

それは

Before&After」です。
※商材・サービスによって違います。

 

つまり、受講後の状態が
受講前よりもより良くなること。

体感させられるなら
体感させられた方が良いです。

 

私はコンサルタントをやる前
パーソナルトレーナーという
職をやっていました。

 

※パーソナルトレーナーって
今でいうライザップみたいな
そんな仕事です。

 

当時の私は、ダイエットよりも
姿勢改善や機能改善、つまり
「肩こり・ひざ痛改善」の方が
圧倒的に得意でした。

 

で、私は
「ある必殺のフロントエンド」により
当時の小田くんは、かなりの数の
クライアントさんを獲得していきました。

 

何かというと

 

私に10分ください!
 10分で肩の状態が受講前と比べて
 楽にならなければお金は
 一切要りません! 全額返金します

 

というキャッチでした笑

 

上記のキャッチを見て
肩こりの人、どうですか?

 

全額返金してくれるなら
 試しにやってみよう!

ほんとか?
 まぁとりあえず受けてみようかな

 

なんて、そんな
気持ちになりませんでしたか?

 

受講する前の感情を
このような感情にするのが
「フロントエンド」のポイントです。

 

まずは
「受けてみるか、試しに」と
思ってもらうことが第一歩。

 

口で「楽になりますよ!」というよりも
「本人に体感」させることが
一番、本人が自覚しますからね。

 

体感させられるものは
体感させた方が絶対に良い。

 

これは結構
重要なマインドかもしれません。

 

今日の話は

整体・治療・サロン関係の
ビジネスをやっている人なら
丸々使えますよね笑

 

参考にしてみてくださいね!

 

それでは、また〜!

 

P.S 本日、勉強会やりまーす^^

 

<参加申し込みはこちら>
※原則、時間通りにご参加ください。
→ https://goo.gl/B6XAo5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)