リストマーケティングの「リスト枯れ」について


おはようございます。
小田純也です。

 

先日の告知しました
LINE@の勉強会ですが

まさか告知して
27時間で募集を終了するとは
思ってもいませんでした^^;

 

それだけ注目度の高い
ツールであり、媒体なんだなと
感じることできました。

興味を示していただき
本当にありがとうございます(_ _)

 

参加申し込みされた方は
短い時間ではありませんが
一緒に学んでいきましょう。

 

さて、本題に移ります。

 

何故、少ない顧客リストでも
 売上を上げることが可能なのか?

 

というテーマで
話をさせていただきます。

 

顧客リストとは
「メールアドレス」や
「住所」「電話番号」を言います。

 

最近ですと「LINE@」
「Facebookメッセンジャー」も含まれます。

 

何故、今回私が告知して
一瞬で募集定員が
いっぱいになったのか?

 

いくつか要因はありますが
一番の要因は「顧客リストを持っているから」です。

顧客リストを持っていれば
繰り返し、自分が送りたいタイミングで
情報を送ることができるからです。

 

ただ、この方法は別に
最近言われた話ではなく
今から400年前の
江戸時代から言われている話です。

 

その頃の呉服屋さんが
火事になった時、商品ではなく
「大福帳」を井戸もしくは

自分の手に持って
避難したのは有名な話です。

※大福帳というのはいわゆる
顧客名簿が記載されたものになります。

 

要は、顧客リストは
お金を生み出す資産」なのです。

 

とはいえ、実は
私の顧客リストは
さほど多くありません。

 

私のメールアドレスの読者さんは
現在1700名前後です。

※配信していませんが
ネットビジネス系も含めると
もう少しいますけど。

 

多い人だと
1万とか3万部とか
所有していますからね。

 

ただ、そうは言っても
意外と私の方が反応率が
高いこともちらほらあります笑

 

つまり
「絶対的な数」も大事だが

顧客リスト数が多いからと言って
必ずしも成果が出る訳ではない
ということです。

 

上記ではわかりやすいように
「リスト」という表現を
使っていますが、実は
かなり嫌いな概念です。

 

何故なら、リストというのは
「人」そのものだからです。
※たまにスパマーもいますけどね笑

 

だから少ないリスト数しかないので
「発信しても意味がない」というのは
完全にずれた思考なんですね。

 

逆にそのマインドを持っている限り
リストマーケティングで
上手くいくことはありません。

 

ビジネス的に言うなれば

100リスト=100万の売上

これを出せていないなら
それは、考え方やアプローチが
ズレていると思った方が良いです。

 

「リストが枯れる」

 

という表現をする人もいますが

 

私から言えば

いやいや、あなたの情報が
 面白くないから反応しないんだよ

ってことなんですよ。

 

リストのせい、というのは
言い換えれば「人のせい」に
しているということです。

 

私がコンサルやり始めた時に
参考にさせていただいたのが
NISHIさんという方なのですが

 

私よりも少し多いぐらいの
メルマガ読者数(だと思う笑)にも関わらず
クリック数・成約率と集客数が異常に高いんですよね。

 

何故かといえば、
日々の信頼関係を超意識して
配信されているからです。
※当然、他にもありますけどね。

そんなNISHIさんみたいな方もいれば

 

対象的に
5000部、1万部とかリストあるのに
勉強会にも全然参加されない、とか
クリック数1%未満な人などいます。

 

むしろ、こちらが沢山。

 

そんな人が
「メルマガマーケティング講座」とか
セミナーやるでしょ?

 

で、そんなしょうもない講師が
「リスト枯れるんで〜」みたいな
そんな話をするでしょ?

 

そんな人から学んでしまうから
その情報を鵜呑みにして
「枯れる」とかまた言うでしょ笑

 

もうね、私からしてみたら
完全にオワコンっすよ。

 

再度、言いますが
「リストが枯れる」んじゃないんすよ。

 

単純に
発信者の情報が面白くない」んですよ。

 

ただ、それだけ。

 

このことに気がつかなきゃ
いつまで経っても
「リスト数の呪縛」から
抜けだすことはできません。

 

私は
「面白くないんだ、自分の情報(泣)」と
何度も頭を悩ませてきましたが

 

何が反応が良いのか?
未だに研究をしながら
人よりもメルマガを
配信してきましたよ。

 

当然、数をやってこれば
ささっとメルマガも書けるし
ライティングも上達します。

 

そして、ローンチ塾に通わなくても
ローンチもできるようになりましたよ。
※通おうか、ちょっとだけ悩み中。

 

話が脱線しそうなのでまとめます。

 

ビジネス的な目安として
基準を設けるならば
100リスト=100万の売上」です。

 

ここに到達していないなら

 

・リスト集めに没頭していて
 セールスをしていないか

・発信が面白くないか

・オファーが刺さっていないか

 

このどれか3つが要因です。

 

集客ばかりに意識して
全然有料オファーしていない人は
是非、してみてくださいね^^

 

セールスって
自分とお客さんのために
するものですからね〜^^/

 

参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)