信用される人になるなら「報連相」を意識しよう


おはようございます。
小田純也です。

まず、お先に1点。

先日から告知しておりました

「電子書籍×高単価
 クライアント獲得術
 無料オンラインセミナー」の募集

「本日の18時に開始」と
お伝えしていましたが

その1時間前の17時に
告知させていただきますね。

 

17時だと
お仕事かもしれませんが
また本日中にご確認ください。

 

さて、本題です。

 

早かれ遅かれ
成果が出る人って
どんな人だと思いますか?

 

・勉強熱心な人でしょうか?
・謙虚な人でしょうか?
・沢山、行動する人でしょうか?

 

うん、どれも正解です。

 

ただ、私の中では
これが決定的です。

 

「報告・連絡・相談ができる人」

 

いわゆる
「報連相(ほうれんそう)」って
やつです。

 

これができる人は例外なく
成果が出ています。

 

でも、ビジネスの世界になると
ビックリするぐらい
「報連相」ができない。

 

「いやいや、本業では
できてますよ!!」

と言う人も居ますが

その思考をしている時点で
ビジネスに取り組む姿勢が

「本業以下で捉えていて
舐めているよね」

って思います。

 

で、そんな感じなのに

「人生変えたいんです」とか
「○万円稼ぎたいんです」とか

言い張るんですよ。

 

これってどう思いますか?

 

これは完全に個人的な意見ですが
ただ、「稼ぐだけ」ならば
対人を介さない投資を
やっていればいいと思うんです。

 

======
頑張って100〜200万円貯めて
それを軍資金にして投資を行う。
======

 

ビジネスでも投資でも
「稼ぐ」という行為自体は
同じなんだから、別に
これでもいいんじゃないの?

 

と思うんですよね。

 

「じゃあ何で投資じゃなくて
 ビジネスを選択しているの?」

また

「数あるビジネスの中で
何故、今のビジネスに
取り組もうとしたの?

 

というルーツみたいなものを
しっかりと見据えてみて
欲しいんですよね。

 

この「Why」の部分が弱い人は
是非、見直して欲しいと思います。

 

そうじゃないと
ちょっと美味しい話が来たら
すぐに飛びつくでしょう?

 

「隣の芝は青く見える」というか。

 

中々、今やっていることで
上手くいっていない時に
新手の稼ぎ方が出てくると

 

「そっちをやってみよう!」

 

Aをやってみたらダメで
Bをやってみたらダメで
Cをやってみたらダメで
Dをやってみたら・・・

っていつまで
そんなことばかりを
続けてるの笑

 

ちなみに
そんなことばかりを
続けている人は

 

お金を失っているのではなく
信用を失っていることに
しっかりと気付いた方が良いですね。

 

また
信用を失うということは
「利益の源泉」がなくなる。

ということです。

 

で、ビジネスというのは
投資とは全く違うんですよ。

 

何が違うかというと
ネットだろうがリアルだろうが
「人との接点の度合い」が
違っていきます。

※投資も人が売買はしてますが
ビジネスの方がより深く
接点を持てますよね。

 


「人との接点がある」ということは
少なからず「信用」されなければ
お金を払ってくれないんですよ。

 

逆に言えば、この信用さえ
得ることができれば
ビジネスって十分に
成立するんですよね。

 

特に人間関係が
深くなっていく場合は

「報連相」が
できるかできないか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これを人は
よーく見てますよ。

 

例えば、A君とB君が
C君と待ち合わせを
していたとします。

結果、A君もB君も
待ち合わせ時間に
着いたとしますよね。

ただ、A君とB君で
待ち合わせ時間に
到着する過程が
一つ違いました。

 

一体、何が違ったのか?

 

A君は「間に合う」ことが
分かっていたので
特にB君やC君には
連絡を入れませんでした。

ただ、B君はA君にもC君にも

「今日は○時によろしくね〜!」
「後、○分で到着するよ〜」

と、連絡を入れていました。

 

勿論、結果的には
「時間に間に合っている」ので
A君もB君もOKです。

※そもそも、遅れるなら
普通は連絡は入れますからね。

 

ただ、仮に
このケースで言えば
ビジネスパートナーとして
選択するならどちらですか?

 

スキルや知識量などは
今回の場合、外しますが
信用できそうなのは
「B君」の方じゃないですか?

 

私はビジネスって
こういうところが
「成果の有無の決め手」だと
思っているんですよね。

ノウハウや知識量やスキルとか
そんなところは二の次というか。。

 

報連相がそもそも
ちゃんとできない人に
仕事の依頼はあるのか?と。

 

で、コンサルをやっていると
こういう傾向って顕著なんですよ。

 

報連相ができる人は
例外なく、成果が出てきますね。

 

だから、私自身は
そういうところは
よーく見ていますし

コンサル生の方には
必ずお伝えしています。

 

中には、突っ込むと

「言われると思いました」と

いう人も居ますが

まぁ
「だったらやれよ」って
話なんですよ笑

こういう言葉を
チョイスする思考の人は
「伸び悩む人」が多いです。

 

理由は明確です。

 

こんな奴
可愛くないでしょう?笑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

可愛くない態度をとる
→ 謙虚だと感じられない
→ 信用が落ちる
→ 応援されない

という構造が成り立つので
紹介ももらいにくいんですよ。

 

そもそも
言われる前にやるのが
優秀なビジネスマンですからね。

「起こり得る問題に対して
 事前に対処ができる」

という思考の持ち主は
優秀な人じゃないです?

 

まぁ今の時代
特にですが「在り方」って
めちゃくちゃ大事です。

 

私自身もそうですけど
単に売上主義の人には
全く興味持たないですもんね。

 

マジでどうでもいいです。

逆に年収400〜600万円でも

「人のことをちゃんと
 考えている人だなぁ」とか

「ちゃんと連絡をする
 真面目な人だなぁ」

「面白い人だなぁ」とか

そういう人と
お付き合いしたいですもんね。

 

逆に知識やスキルはあるけど

「自分の道を追求しすぎて
人のことを考えてないよね」とか

「連絡を返さない人だよね」とか

こういう人とは
お付き合いしたいと
思わないですもんね。

※小田の場合は、です。

 

あなたにとって
お付き合いしたい人って
どんな人ですか?

また、どんな人なら
応援したいと思いますか?

 

その一つの見極められる
ポイントが「報連相」だと
いうことです。

 

恋愛にしろビジネスにしろ
マメな人の方が得しますよ笑

 

参考にしてくださいね。

 

それでは、本日は17時に
再度お伝えさせていただきます。

 

是非、楽しみにしていてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL