福島正伸氏 書評 メンタリングマネジメントとは!?


おはようございます、小田純也です。

 

2016年1月~4月に福島先生の

究極のコンサルタント養成講座
名古屋1期を受講する予定なのですが

オススメ書として
メンタリングマネジメント」という本を
教えて頂けたので早速読んでみました。

 

読んでみた感想は
動画でも述べさせて頂いておりますが…
この本はこんな方にオススメです。

 

私がこの本をオススメする人

・部下が言ったことをやってくれないと思ったことがある人
・言ったことを理解してくれていないと感じたことがある人
・中々やる気を出してくれないと感じたことがある人
・言われたようにしないと、出世に響くのに。と思ったことがある人
・人を自分の都合の良いように動かそうとしている人
・率先して自分でアイデアを出そうとしてこない人が居る

 

福島先生自体、私も現時点では
一度しかセミナーを
聞きにいっていませんが…

 

どんな困難でも
「チャンス」だと捉え
楽しそうに問題解決をされる人です。

 

家族の方に対して
「今日も日本を
 変えてくる為に仕事をしてくる」

 

という発言をしてしまう
超変わった人で
完全イッチャッてる系wの方ですが…

 

人を自発的にやる気をさせる超天才

だと私は感じております。

 

物凄い緻密なノウハウも
コンサルタントとして
必要かもしれませんが…

 

そのノウハウを聴く側の体制が
整っていなければ、そのノウハウの価値は
100のものが
0か1程度にしかならないでしょう。

 

逆に、あなたが仮に
100のうち10のノウハウしか
持っていなかったとしても…

 

その人がやる気になって
自発的に行動してくれたら

10のノウハウを
30、50、70、90と
クライアントの方がしてくれるでしょう。

 

何を」言うかよりも
「誰が」言うか?が
人をやる気にさせる上でとても重要です。

 

そんなことを踏まえながら
実例を元にズラズラと書いてあるのが
この「メンタリングマネジメント」という本ですので
興味のある方は是非、読んでみて下さいね^^

 

それでは、また(*´▽`*)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL