【生データ公開】超最新Facebook広告(2020年.10月版)からメルマガ読者さん・LINEフォロワーのリストを低価格で獲得しながら売上を上げる自動集客法

スクリーンショット 2020-10-16 125834

どうも、小田です。

「メルマガの読者が全然増えない
「LINEのフォロワーが全然増えない
「毎日、ブログやSNSを投稿することに疲れた」
「中々、近くに交流会・パーティに参加することができないので、ウェブで集客したい」

と考えている方に最適な集客法が今回お伝えする「超速集客法」です。

超速集客法って何?

今回は、Facebook広告を使った集客法になります。

ちなみに、集客法はあれもこれもやれるならやった方が良いですが、あくまでもそれは「理想論」です。

本業(サービス提供)をしながら、色んな手法に取り組むのは、時間的な部分を考えても、現実的ではありません

「広告」というとお金がかかる方法ですが、広告費倒れにならないよう、ちゃんと回収する仕組み(モデル)作れば、2カ月以内に回収することは可能です。

Facebook広告を使っても全然上手く時も続きました失…

ちなみに、僕自身、Facebook広告を使ってきて、

・広告費を数百万単位で使ってきた。
・1リスト獲得単価が1万円×2日間を経験する
・一時期、1リスト獲得単価が2500~3800円。何とか黒字回収するも高い(汗)
・Facebook広告アカウントが2回BANされる(泣)
・広告代理店に依頼するも、1リスト獲得単価が1000円切らない。むしろ、依頼した方が高くなった
・LPを何十枚もテストしてみたり、テキスト・画像・動画を複数テストしてみる

などやってきましたが、数字を改善したくても、全然改善できないまま、年数を重ねてきました。

最初から上手くいった訳ではありませんが、コツをつかんだ結果、ようやく落ち着くようになって、1リスト単価が非常に安く獲得できるようになりました。

2020年10月時点のFacebook広告からメールアドレスを獲得できている件数や獲得リスト単価は?

スクリーンショット 2020-10-12 150813

運用する案件やジャンルですが、「起業・コンサル系(弊社)の案件になりますので、他社の案件運用ではありません。

2020年10月1日~4日の時点では

広告予算:20,961円
メールアドレスの獲得件数:37件(画像は35件と出ています)
1リスト獲得単価:567円

となっています。

さらに、10月15日(木)と16日(金)11:10時点の結果は

スクリーンショット 2020-10-16 173630

10月15日(木)の運用結果

広告予算:5,110円
メールアドレスの獲得件数:8件
1リスト獲得単価:635円

10月16日(金)11:10時点の結果

広告予算:1,454円
メールアドレスの獲得件数:4件
1リスト獲得単価:364円

という結果になっています。

今、1メールアドレスを獲得する単価でいえば、起業・コンサル案件は「1500~2000円」と言われているので、そう考えれば、かなり安く獲得できていることが分かるかと思います。

起業・コンサル案件以外であれば、さらに低単価で獲得できる可能性があり!

どうしても、競合が多く出しているジャンルでは、「Web広告=オークション制の仕組み」になりますので、どうしても単価が高くなる傾向があります。

しかしながら、ヒーラー、恋愛、整体、飲食関連の案件であれば、全然系統も違えば、出稿するユーザーも少ないでしょうから、もしかしたら、小田が運用している金額よりもさらに安く見込み客を獲得できる可能性があります

ライバルが獲得している広告単価が高いうちに…

過去の僕がそうだったように、同じFacebook広告という媒体を使っても、まだまだ獲得単価を下げられていない広告主はめちゃくちゃいらっしゃいます

ライバルが苦戦している間に、見込み客さんを安く集めつつ、1~2カ月以内に、広告費の数倍の収益が上がる仕組みを構築しませんか?

まずは、こちらの動画で詳細をご確認ください。

もし、この超速集客法に「興味がある!」「いち早く実践してみたい!」「詳細を知りたい!」紹介依頼を頻繁に出さなくても、自分で見込み客を集めながら収益を上げられる力を身につけたいという方は、こちらのワークショップ&説明会にご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)