メルマガの到達率を高める3つの設定方法とは?

メールアイコン

おはようございます、小田純也です。

 

メルマガの到達率を
3年以上配信を続けてきた時点で
ようやく考えるようになり

 

昨日、半日かけて
メルマガの配信システムのことを
勉強していました笑

 

まぁ、これで
しばらくは大丈夫だろうと。

 

今まで見て見ぬフリをしていましたが
ようやく片付けることができました。

 

新年変わると気分的にも
なんとなく変わるじゃないですか?

 

今回の小田のように

 

この用事を片付けなきゃいけないのに
 見て見ぬフリをしてきたこと

 

に、目を向けてみるのも
アリだと思いますよ^^

 

ということで、私が昨日
半日かけて
「勉強になった」こと
を本日、シェアしていきます。

 

SNSの流行は
コロコロ変わっていくので
それ程、押さえなくて良いのですが

 

メルマガに関しては

 

・自動化ができる

・レバレッジが利く

・顧客フォローに活用できる

 

という超便利機能なので
是非、知っておくと便利ですよ。

 

特に現時点で
“メルマガ”をしている人や
これから取り組もうとしている人

 

知らないと私みたいに
“年単位”で損しますから
本当に気をつけて下さい。

 

と言っても、意外と1時間は
話せてしまう内容になるので
3つだけにさせて頂きますが

 

下記の3つを押さえておくだけでも
メールは相手に到達しやすく
なりますので、是非覚えておいて下さい。

 

その3つというのが…

 

1.フリーメールで配信しない

 

2.共用サーバーと
 専用IPでの配信の違い

 

3.SPFレコードを正しく設定する

 

この3つとなります。

 

=================
1.フリーメールで配信しない
=================

フリーメールというのは

gmailやyahoo、hotmailなどの
誰でも無料で取得できるアドレス

のことを指します。

 

yahooとgmail

 

これらのアドレスは
「なりすまし」メールと判定され
迷惑メールフォルダに入りやすい
ということになります。

 

では、どのアドレスで
送信するのが良いのでしょうか?

 

それは「独自ドメイン」です。

 

自分のホームページを
有料で作るには
必ずこの独自ドメインが
必要になります。

 

その独自ドメインを利用して
「送信者アドレス」に入力すれば
フリーメールよりも確実に
到達率を高めることができます

 

これがまず1点目です。

 

=================
2.共用サーバーと
専用IPでの配信の違い
=================

 

共用サーバーというのは

 

「その会社の1台のサーバーを
利用者全員で活用しているもの」

 

ですので、スパマー的な使い方を
している人がやたらと居ることで

 

この会社のサーバーから
送られてくるメールは

 

すべて「迷惑メールだ!」
すべて「スパムメールだ!」

 

というように
自動判定されてしまいます。

 

わかりやすく例えると

 

シェアハウスで
共同生活をしている人が
ちゃんとマナーを守って
住んでいる人がいるにも関わらず

 

一定数のヤンチャな人が
近所迷惑な行為をすることで
大家さん&そのシェアハウスが
変な目で見られるようになる

 

みたいな感じです。

 

この例えがいいか、分かりませんが
多分伝わるでしょう笑

 

ですので、到達率を少しでも
高めたいのであれば
共用サーバーではなく

 

あなた専用のIPサーバーを
活用すれば、少なくとも

 

共用サーバーよりは
「怪しいメール」だと
認識されにくくなるということです。

 

私の場合は、そのことを知って
その共用から独自のものに
変更をしたということです。

 

gmail・yahooなども
メールの受信のアルゴリズムを
コロコロ知らないうちに
変えていますので

 

絶対に到達する!!

 

ということは言い切れません

 

さらにいえば、サーバーは
基本的に「汚れていくもの」なので
定期的には変える必要は
あるのかなとは思っております。

 

=================
3.SPFレコードを正しく設定する
=================

 

そもそも、SPFとは

Sender Policy Framework の略で
(全く覚えなくて良いですよ笑)

 

簡単に言えば

「電子メール(SMTP)での
送信元ドメイン(送信者情報)が、
なりすましメールじゃないか?」

ということを検査する為のものです。

 

何故、このSPF設定が
必要かと言いますと…

 

メールを送信した際

送信元と・ドメインが
一致している事を証明し
判断させることで

 

「このメールは
本人が送っているものだよ!!」

と、認識させるためなのです。

 

また、なりすましメールに
認識されるとどうなるかと
言いますと…

 

・サーバーで受信拒否される
・迷惑メールボックスに入る

という現象が起きます。

 

以上、上記に述べた
3つのことを対策だけでも
あなたのメールは
到達しやすくなるそうです。

 

私はメール配信システム
会社の人間じゃないので

 

すげー細かいことまでは
わからないですが…

 

30分〜1時間以上かけて
書いた渾身のメールが

 

相手に到達してないって
かなり「死活問題」ですよね。

 

情報発信者として

 

「集客・認知・売上拡大」

 

を目的とするならば…

 

「対策」はバッチリに
しておくのは必須です!

 

ということで、私が
半日かけて調べた一部ですので
是非参考にしてみて下さい!

 

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL