3歳児から学ぶビジネス成功哲学とは


おはようございます。
小田純也です。

 

昨日お伝えした
「Facebook完全無料集客」ですが
既に登録者が1000人を超えているようです^^;

 

おぃおぃ
告知して1日で1000人超えるって
かなり異常な数値ですよね(驚)

 

別のFacebook集客ネタでも
2000人が登録しているようです。

 

「メッセンジャーBot」や
「Facebook Live」などの
最近話題の機能のみならず

 

集客ツールとして
再度、Facebookの注目度が
また増してきていますね。
(誰だ、Facebook離れと言っていた奴はw)

 

もし、現状

 

・Facebookでの集客が
 全くわからないので困っている。

・イベントページを作っても
 集客できずムダな
 労力に終わっている。

・友達を増やしたが
 「いいね!」にも
 「集客」にも繋がらない。

・いいねで終わらず、売上になる
 方法が知りたい。

・時間がかかるコツコツ作業を
 続けることに先が見えない不安がある。

 

上記に一つでも当てはまる方で
まだ登録していなければ
無料ですので情報を
とっておくことをオススメします。

↓詳しくは画像をクリック↓

スクリーンショット 2017-08-09 6.37.00

それでは、本題に移っていきます。

 

実は、色々とあって
昨日・今日と2人の子どもと
一緒に居る時間が長くなるんですね。

 

で、最近3歳の長男と話していて
思うことがあります。

 

それは

 

「3歳の子は自分の意見をガンガン言うのに
 大人は自分の意見を言わないどころか
 愚痴や不満や言い訳のオンパレード」

 

ということです。

 

どういうことかというと

成人超えた良い大人が
ビジネス&起業をしているのに

 

・自分で考えない
・自分で調べられるだけ調べない
・自分の意見を述べない
・自分で結論が出せない

 

そんな人がめちゃくちゃ多いなと。

 

で、そういうことを言うと
「それ、私のこと」を言っていると
被害妄想的に思う人もいますが

「攻撃された!」と認識するだけで
結果的に何も現状変えない人たちって
めちゃくちゃいるなぁと。

 

で、ウチの3歳の子を
上げる訳ではないですが

 

「これどう思う?」と聞くと

 

「〇〇だと思う!」

 

って、ちゃんと自分の意見を言うんですよね。

 

XEN7615022_TP_V

 

で、さらに続けて

「それって何でそう思うの?」というと

ちぐはぐな日本語ながら
※たまにコテコテな名古屋弁話してます笑

 

「だってねー、〇〇だからねー
 こう思うのー」

 

と3歳児が返すんですよ。

 

XEN7615020_TP_V

 

おぃおぃ、3歳児が
おぼつかない日本語で
頑張って自分の意見を
ちゃんと述べるのに
(しかも、ちゃんと考えているのに)

 

良い大人が自分の意見を
しっかりと述べることができない。

 

挙句な果てには

 

・人のせいにするわ
・記憶力が悪いと言うやら
・才能ないんですと言い訳するやら
・あなたとは違うんです。
 どうせ、自分はできないんです。

 

とイジけるやら
まぁ「お前なんなんだ」という人が
多くてリアルにビックリするわけです。

 

おいおい、3歳児の方が
その人らよりも客観的に見ても
大人&利口じゃないかと笑

 

逆に良い大人が
そんなことばかり言って
「リアルに大丈夫か?」とすら
思うことが多々あります。

 

で、私としては
子どもから学べることって
かなりありますし

 

そもそも、子どもの頃には
実はあなたも自然に
「自分で考える」「意見を言う」は
やってきているんですよ。

 

だから、素直になれば
絶対にどの世代でもどの人でも
できるんですよね。

 

ただ、大人になると
変に楽するじゃないですか?

 

手を抜くというか
一生懸命やらないんですよね。

 

何故なら、手を抜いても
一生懸命やらなくたって
今の日本ならば
生きていけますからね。

 

半年や1年前後の期間で言うならば
何も勉強せず、何もせず
会社でしっかりと働いていた方が

 

ビジネスやるよりも
なんだかんだでお金は
貯まるんですよね。

 

何故ならば、ビジネスの場合は
自己投資や販促費用、活動経費で
お金が飛ぶので、特に駆け出しの頃は
手元にお金が残りにくいからです。

 

だから、短期間で見るならば

何もチャレンジせず
何もしない方が
何も痛みを負わないし
お金も貯まるので

実は、行動した方が損なんですよね。

 


これが日本人が中々
行動できない理由でもあります。

 

ただ、それは短期間だけの話であって
しっかりと時間と労力をかければ
間違いなく逆転現象が起きます。

 

で、今までは時間の拘束があった人も
やり方にもよりますが、仕組み作りに
意識を持っていけるようになれば

 

そのうち時間に拘束される時が
無くなってきます。

 

会社員の方であれば、まず
週休5日制はできませんが
起業家ならば、週休5日制を
することは現実可能です。
(年数は必要ですよ)

 

この生活を実現したいと
思うのであれば

 

・自分で考えない
・自分で調べられるだけ調べない
・自分の意見を述べない
・自分で結論が出せない

 

など、3歳児でもできることを
やらないのは論外ですし

 

・人のせいにするわ
・記憶力が悪いと言うやら
・才能ないんですと言い訳するやら
・あなたとは違うんです。
どうせ、自分はできないんです。

 

と、言うだけ言って何もしない人は
もう終わってるよね、って話なのです。

 

※ただ、記憶力に関しては
やはり、若い人の方が有利なのは事実です。

 

もう1回子どもの頃の
純粋な気持ちを持ちませんか?

 

繰り返しますけど
子どもから学べることって
沢山ありますし

 

ほとんどの大人は
子どもからやり直した方が
リアルでいいんじゃないか?と
思うんですよね。

 

「学校教育」をバカにしている
起業家や社会人の人って多いですが
(実社会では役に立たないとかね)

 

その勉強内容でしか
判断していないと思うんですよね。

 

あの学校の時間割の配分とか
夏休みの膨大な課題の量とか
かなり絶妙だと思うんですよね。

 

夏休みの課題や
冬休みの課題を全て

 

「やってもやらなくても
どっちでもいいからね。」

 

という状態で提示されていたら
90%の人は、遊び呆けるはずですよ。

 

人間ってホント怠惰な生き物です笑

 

でも、全て怠惰になってはいけません。

 

何事も一生懸命やること。
素直に聞いて、素直にやること。
自分で考えること。
自分で調べること。
早くやること。

 

当たり前じゃん!と思わずに
意識的にやってみてくださいね。

 

それでは、また〜。

 

P.S 子どもの画像は
商用利用可能な子どもの写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL