最速でメルマガの新規読者を100名集めるならどう集客する?


こんにちは。小田純也です。

「メルマガの新規読者を
 どう集客する?」

ということについて
お伝えしていきます。

 

まず、アメブロのような
ブログの読者を集めるのは
効果が出るか、は別問題ですが

 

「ツール」を活用すれば
「数字上では即座に到達します。

 

しかしながら
メールマガジンの読者を増やす際は
そういう訳にはいきません。

 

「リストを買う」という表現もありますが
あなたに一切興味のないリストを
購入したとして、そのリストに配信したとしても

 

受け取った側としては
「そもそもコイツ誰だよ」と思い
スパム扱いされるのがオチです。

 

だからこそ、リストは
単純な「数」に意味はありません。

「あなたに興味がある人」
「あなたの情報に興味がある人」

の「数」が重要である、ということを
前提として押さえておいてください。

 

では、どうすれば

あなたの情報に興味がある人を
100名集めることができるのか?

 

例えば
交流会やセミナーの参加が1つです。

 

meishi123

 

仮に1回あたり
10名の人と名刺交換したとして
名刺交換時にあなたに
興味を持ってもらった人が
3割(3人)居たとします。

 

セミナーの参加費は3000円。
懇親会の参加費が4000円。
1回あたりのコストが7000円、だとします。
(交通費は除くので実際はもう少しかかる)

 

上記のシミュレーション上では
「7000円投資」することで
あなたに興味を持ったリストが
「3人分」手に入ります。

 

このように計算をすると
1リストあたり@2333円になります。

 

つまり、この計算でいくならば
新規の読者さんを100名獲得しようとしたら
23万3000円のコストがかかります。

 

さらに、1回の会で3名ですから
セミナー及び懇親会
33回出る計算になります。(キツっw)

 

仮に興味のある方が
6名現れたとしても
16回の参加が必要になります。
(16回ならば112,000円のコスト

 

こ、個人的には
16回も参加することが
しんどく思えます^^;

 

しかしながら、インターネットの


・SNS広告

・号外広告
・アフィリ広告(無料オファー)

 

などを活用すれば

 

1リスト獲得コストが
「500円〜2000円」で済みます。
※業界や案件に寄ります。

 

仮に2000円かかったとしても
100名の読者を獲得するのに
20万円のコストで済みますよね。

 

しかも、こちらならば
「知恵」を使って広告を出すだけ。
寒い中、出かける等
労力をかける必要もありません。

 

たまに

 

対面だから信用される。
=リストが濃い

ネットだから信用されない。
=リストが薄い

 

なんて短絡的に考えている人がいますが
これは「大きな間違い」です。

 

何故なら、対面で会ったとしても
勝手にメルマガに登録されていたら
やはり嫌ですし、解除される時は
普通に解除されるからです。

 

また、興味があるからこそ
登録される訳ですから
興味がある時点で薄くはありません。

 

だから、一概に
対面(リアル)のリストは濃い。
ネットのリストは薄い。

 

なんていうのは
一概に言えないのです。

 

以上をまとめると…

 

新規で100リスト獲得する場合
1回あたり3人の方と
あなたに興味を持った人と出会うコスト
233,000円(交流会33回参加)

 

1回あたり6人の方と
あなたに興味を持った人と出会うコスト
112,000円(交流会16回参加)

 

1リスト獲得単価2000円だと仮定した場合
SNS広告・号外広告・アフィリ広告に
200,000のコスト(交流会参加0回)

 

どれが良いかどうかは
一概に言えませんが
ネット広告を利用していない方は
非常にもったいないと思えます。

 

私が直近3ヶ月で400名の
新規読者リストを集めたのは
SNS広告・号外広告になります。

 

ちなみに、どの広告が一番良いのかは
「案件」や「出稿のタイミング」や
「紹介文」「時期的な問題」などによって
全く反応率が違いますので
明確にお答えできません。

 

以上のことを参考にしながら
新規読者獲得に励んでみてくださいね!

 

また、LINE@やメルマガ等で
実践的な知識を公開していきますので
是非楽しみにしていてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL