集客、アポイント、個別相談数を引き上げるための4つのポイント

waito

おはようございます。
小田純也です。

今日は都内のホテルから
このメールを送っております。

個別コンサルが終わった後
ランチでもしてから愛知に帰る予定です。

もし、これを見ている方で
奇跡的に11:30〜ぐらいに
品川周辺で空いている人は
ご連絡いただければと思います。

さて、本題です。

新規集客に困っている、個別相談まで至らない原因とは?

「新規集客に困っている」
「個別相談まで至らない」など

このような悩みを
持たれている方は
多いのかもしれません。

「そもそもアプローチしていない」
「行動できていない」など

様々な理由はあるのですが

一番の理由は

「コンセプトが弱い」

ということです。

つまり、見込み客さんが
その人のブログなりメルマガなり
名刺など、その情報を見た時に

「何の分野の専門家なのか?」
「何をしてくれる人なのか?」
「サービスを受講することで
 どんな効果をもたらしてくれるの?」

などが不明確であるため
アポ数、個別相談につながっていないんですね。

ですので、何をやるにしても
まず「コンセプト」をキッチリと
決めることが重要だということです。

逆に言えば,コンセプトが決まると

今まで霧の中に入ってモヤモヤし
先が見えなかった感覚の方も

霧がパーーッと晴れたかのように
景色が明るくなり未来への希望が見出されます。

ただ、コンセプトを決める上で注意があります。

それは、

自分一人では中々決められない、ということです。

また、決めたとしても

「これで合っているかどうか
 売れそうなのかどうか分からない。」

なんていうことも、多々あります。

小田がコンセプトを作る上で
4つのポイントがありますので

今日は特別に
その4つのポイントを
お伝えしていきますので
参考にしてみてくださいね。

コンセプトを決める上での4つのポイント

1 自分の強みの発見
2 自分のやりたい路線
3 競合の分析からの弱点
4 見込み客の理解

この4つがポイントになります。

この4つを発見、理解、分析が
できないことには
あなたの強いコンセプトは
決まっていきません。

ですので、言っていることは
分かっても中々難しいのが
実はコンセプト作りになります。

コンセプトが作るのが難しいと感じた方へ

で、コンセプトを作る重要性は
何となく理解していただいたと思いますが

コンセプトを作るのが
難しい。。。と感じた方のために
解決策を1つお伝えします。

それは

「電子書籍」を作って出版することです。

電子書籍に関しては、特に
無名な人こそやった方が良い媒体です。

何故なら

「出版している先生」という
位置で見てもらえるため見込み客さんが
耳を傾けて
くれやすくなるからです。

私から言わせると

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんなに簡単できて
権威性がつく優れている媒体を
何故、使わないのだろう。と
不思議で仕方がありません笑
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

当然、出版するだけでは
効果はさほどありませんが

上手く使いこなせている方は
20〜100万円単位の契約は
ガンガンと獲得しています

当たり前ですけど

耳を傾けてもらわないと
どれだけ良いノウハウや
スキルを持っていたとしても
見込み客には伝わりません^^;

ですので、いかに
こちらの情報に耳を傾けて
もらえるのか?

というのがアポや個別相談数を
増やす上では重要なのです。

巷で出回っている

Facebookで友達集めましょうとか
いいね周りしましょうとか
自動ツール使いましょうとか

小手先感満載の情報が
沢山ありますけども

ハッキリ言って
そんな非効率的、というか
効果が出ないことを
やっていてもダメですよ^^;

私が電子書籍に取り掛かって
約1年半は経ちましたが

未だに電子書籍を上手く使って
アポ数や個別相談数を増加させる
方法を知っている人は居ませんね。

だからこそ、今やっておけば
完全に先行者利益がとれるんですけどね^^;

明日は、もう少し踏み込んで
どうすれば売上に繋げられるのか?

という話をさせていただきますね。

是非、楽しみにしていてください。

それでは、またメールします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)