【★メモ】課題を明確にする客観視思考。本日23:59までとなります。


 

おはようございます。
小田純也です。

 

こちらのKindle企画の再募集ですが
本日、8月3日(木)23:59までの募集となります。


・代行業者使わずとも

 自分で電子書籍を量産したい人

・印税収入で不労所得を得たい人

・電子書籍をブランディングに使い
 どんどんビジネスを加速させたい人

・ライバルがやっていないことを
 いち早く取り組んでいきたい人
など、どれか当てはまる方は
本日募集を終了しますので
忘れずにこちらにご登録ください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSusnpo

 

さて、本題に移ります。

「課題を明確にする客観視思考」

について触れていきますね。

 

そもそも、何故、自分が
理想の成果を出せていないのか
明確に理解をしていますか?

 

ここではざっと
4タイプに分けていきます。

 

<タイプ1>
課題点には既に気付いていて
その課題を解決する手段もあるから
後は、時間が解決してくれる状態

 

<タイプ2>
課題点には気付いているけど
その課題を解決する手段がなく
理想の場所に辿り着けずにいる状態

 

<タイプ3>
課題点を漠然と把握しているけど
漠然となので、解決策も漠然となっているため
これで正解なのか、どうなのか
ちゃんと判断ができていない状態

 

<タイプ4>
そもそも課題点がいったい何なのか
課題が不明確なので
何を対策していけば良いのか
良くわかっていない状態

 

一言で言えば
「現状分析」になりますが
これら4タイプのうち
どのタイプに当てはまっているのか?

 

自己弁護など「なし」にして
客観的にどうなのか?を
一度チェックしてみてください。

 

実は、これは数十万円以上の
コンサルティングを受講している人と
話すときに意識しているポイントになります。

 

何故なら4タイプの位置付けにより
こちらが伝える内容を変える必要があるからです。

 

例えば、タイプ1の方は

課題も明確に理解できており
解決策も理解できているので
こちらとしては、くどくど言わず
「応援する」のみです。

この状態になっている人は
サポートする点では一番楽です。

 

また、タイプ2の方は
課題は明確ですが、解決策が不明確なので
解決策を少し提示してあげるだけで
タイプ1に移行してくれます。

 

そして、タイプ3・4の方の
共通点は、そもそも課題が
「漠然」「不明確」な状態なので
課題を自覚してもらう必要があります。

 

結構、迷える子羊状態に
なっている人は、自分の課題を
理解していないのにも関わらず

 

Facebook BOTがいいと
言われたら着手してみたり

動画がいいと言われたら
着手してみたり

Udemy(ユーデミー)や
クラファンが良いと言われたら
そちらの勉強をしたり。。

と、「何となく」最近来ているもの
(来そうなもの)を浅い理由で着手しがちです。

 

でも、大抵そういった
判断をされている方というのは
基本的には「ドツボ」にハマります。

 

「自己投資貧乏」もしくは
時間と労力はすごくかけているのに
一向に生活レベルが変わらない状態に
(それどころかより下がって、不安になる)

 

状態になっていきます。

※逆に目的を持ってやる人は
ブレイクの可能性ありですね^^

 

根本的に

Q「集客用商品(フロントエンド)」は
どれですか?

A.・・・。

Q「利益用商品(バックエンド)」は
どれですか?

A ・・・。

Q「バックエンドまでユーザーを
どう導いてる仕組みを
作ってるんですか?」

A え、考えてもなかったです(汗)

・・・

と、このような形になっていると
結構、不味かったりするのです。
(特に個人起業家ならば)

 

仮に、最も成約率の高いと言われる
「対面セールス」をしたとしても

上記の質問にサラッと
答えられていないならば
結構、苦戦すると思うんですよね。

 

「ネットだと楽に売れる」と
思われがちですが、対面で
売れない人はネットでは
より売れませんよ★

 

自動化なんて
そのまた先の先のことです。

 

いつも思うのは
基本的な能力値を高めた方が良い
ということです。

 

・1日1時間の作業で〜〜とか
・ボタンを押すだけで〜〜とか
・20代のフリーターが
3ヶ月後には月収200万達成

とか、もうこういった
うわついた情報を
求めないでおきましょうよ。

 

まずは、自力をつけることを
意識することですし
自分の課題を明確にすることですし
ユーザー心理を理解することが最優先です。

 

それが自分一人でできないならば
(もしくは、自分一人では時間かかる)

 

小田もしくは、あなたの
信用のおける人からちゃんと
学ばれることをお勧めします。

 

独学程、お金と時間と労力の
3つの資源を無駄にするものはありません^^;

 

参考にしてくださいね!

 

本日、Kindle No1 PROJECTの
再募集の最終日になりますので
夜も再度送らせていただきますね!

 

・代行業者使わずとも
 自分で電子書籍を量産したい人

・印税収入で不労所得を得たい人

・電子書籍をブランディングに使い
 どんどんビジネスを加速させたい人

・ライバルがやっていないことを
 いち早く取り組んでいきたい人

 

など、どれか当てはまる方は
本日 23:59には募集を終了しますので
忘れずにこちらにご登録ください。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSusnpo

 

それでは、またメールします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL