嫌なことを的確に避けると、働く時間が減るのに売上UPする話


おはようございます。
小田純也です。

 

昨日は、お金払っていた
知人たちが主催する
ビジネス交流会に参加する予定が

 

まさかのメモ忘れにより
別の予定を入れてしまって
結果、参加できず。

 

こういうことは
滅多にないんですが
参加費は飲み会にでも
使ってもらえたらいいなと笑

 

さて、本題です。

 

あなたは毎日楽しんでいますか?

 

「なんだ、唐突に・・」

 

と思うかもしれませんが

楽しむこと
楽しい感じること

これが生きて行く上で
すごく重要だなぁと感じます。

 

しかしながら
今振り返ってみると

 

28か29歳の頃までは
「楽しいって何?」と
ずっと自問自答をしていました。

 

「何がしているのが
自分は楽しいんだろう?」

「自分はこれから
何がしたいんだろう?」

 

ずっとモヤモヤした感情を
抱えていました。

 

何故なら、多くの人が
「楽しい」と思えることが
全然面白くないどころか
単に苦痛だったんですね。

 

例えば、飲み会。

 

意味のある飲み会ならまだしも

ダラダラ話すだけの飲み会や
愚痴・不満ばかりの生産性のない飲み会は
マジで時間の無駄だと感じていました。

タバコを吸われようものなら
1秒でも早く帰りたかった。

 

「何で吸ってもないのに
健康を害されないといけないんだ!」

 

とめちゃくちゃ
腹を立てていた記憶もあります笑

 

後は、パァーー!と騒ぎ立てる
あのクラブのようなノリとかね。

 

あれが楽しいと思える人は
頭がクレイジーじゃないの?

 

よっぽどノリ気じゃなければ
絶対に行きたくね〜、と思っていました。

 

そんなこんなで20代の頃は
不要に意味をもたせて
「人生に無駄なものはない」と
自分に言い聞かせていたのかもしれません。

 

20代の頃は色々と
ストレスを溜め込み
イライラしていました

 

ある視点を持ってからは
不要なストレスを抱えることが
なくなり、楽になりました。

 

その「ある視点」とは

 

人と比べず
 自分の定義を決めよう

 

ということです。

 

聞けば、当たり前かもしれませんが

 

「あなたの楽しいと感じること」と
「私の楽しいと感じること」は違います。

 

ですので、他人と比較したところで
そもそも、個体として違うのだから
あまり意味はありません。

 

意味はないというか疲れるだけです。

 

また、行きたくもないのに
「新規開拓」目的の飲み会に行って
仕事にしようとするのは

面白くないからやめようと
思ったこともあります。

 

ただ、その行動をやめてしまうと
人との出会う接点がありませんので
仕事が増えることはありません。

 

ですので、代替策を
考える必要があります。

 

それが、私の場合は
「ネット集客」でした。

 

むやみやたらに
色んな人と会うのが
ストレスだったからこそ

 

当時はよくわからなかった
ネット集客を一生懸命
覚えようとしていました。

 

おかげさまで、つい数年前までは
終電帰りが多かったのに

最近は週4〜5回は昼間から
家に居られるようになりました笑

 

さすがに家にいることが多いので
意図的に外に出ていますが
徐々に生活のコントロールが
できるようになってきています。

 

このように、嫌なことを避けても
目的達成のための代替策があれば
何も問題はないんです。

 

そして、不思議なことに
嫌なことを少なくしていった結果

 

働く時間は減ったのに
 収入は右肩あがり

 

という状態になっています。

 

これは超嬉しいです笑

 

つまり、

「自分が嫌だと思うことは
無理に耐えることはない。」

ということです。

 

その物事が嫌ならば
「本当に必要なことなの?」と
自問自答してみてください。

 

または、その物事をしないと
本当に自分の叶えたいゴールは
達成されないのか? を考えてみてください。

 

おそらく、視野を広めたら
必ず活路は見出せると思いますよ^^

 

仮に、あなたが

「週2日働いて週休5日の
生活を送りたい」とします。

 

おそらく、親・親戚・友人に
そんなことを言ってしまったら

 

「お前は何をバカなことを
 考えているんだ!」

「そんな子どもじみた
 夢を妄想してるんじゃない!」

 

とキレられたりして
一蹴されることでしょう。

 

ですが、あなたが本当に

「週2日働いて週休5日の
生活を送りたい」

と考えているならば

 

すぐにそうなるのは無理だとしても
1年〜2年で、その生活ができるように
今からスキルや環境を整えておく。

 

と考えて準備していくといいでしょう。

 

少し前までの常識では
「我慢」をすることが
常識だったのかもしれません。

 

生活をするためにも
嫌な上司に頭を下げたり
嫌いな仕事をしなければ
いけなかったかもしれません。

 

ですが、今は違います。

 

嫌いな人とは付き合う必要は
全くありませんし
毎日、会社に行くのが嫌なら
行かなければいいと思います。

 

そして、ネットのインフラもあるし
ビジネスの情報も手に入りやすい。

 

つまり「考え方次第」であり
ちょっと行動する次第で
「どうにでもなる」ということです。

 

繰り返しますが
上記でも申し上げた通り

 

ただ単に「嫌だからやめる」で
思考が止まってしまうなら
何の解決にもなりませんが
(それは単なる逃げ)

 

その物事嫌だったら
 理想の結果を生むために
 どんな代替策を用意すればいい?

 

という発想になれば
活路が見出せると思うんですね。

 

また

何が嫌いなのか?
何が面白くないのか?

が分かると

「自分が何が好きなのか?」
「自分が何が楽しいのか?」

がわかります。

 

「好き、楽しい」ことがわからない人は

 

逆説的に

 

・嫌いなこと

・面白くないこと

をメモしてみると良いかもしれません。

 

嫌いなことが明確になれば
あなたの好きなことは明確になります^^

 

今日の話は
少し抽象度高めですが
参考にしてみてくださいね。

 

今日は日曜日で
外が良い天気ですので
家族で遊びに出かけてきます。

 

それでは、またメールします。

電子書籍集客無料オンラインセミナー

スクリーンショット 2018-05-10 11.32.55 次々と無名の起業家がAmazonランキング1位を獲得し、月30〜100万円以上を安定的に稼いでいる方法を大公開! 今なら期間限定で、電子書籍を活用したビジネス戦略を知ることができる無料オンラインセミナーを公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)