異業種交流会はハンターの溜まり場


こんばんは、小田純也です。

 

昨日のセミナーは
かなり「当たり」のセミナーでした。

 

最近は、情報商材にしろ
セミナーにしろ
「当たり」がほとんどです^^

 

以前のように
やみくもに行動していないから
「当たり」の率が上がったのは
間違いない
と思います。

 

何故、「当たり」が多くなったのか
聴きたくなったら聴いて下さい(笑)

 

さて、本日は
異業種交流会の真意
について話をしてきます。

 

僕は以前、異業種交流会に
結構出まくっていました。

 

何故、出ていたのか。

 

目的はただ一つ!!

 

交流会に参加すれば
色んな方と出会えるから
仕事につながるんじゃないか?
と思っていたからです(笑)

 

しかし、思っている以上に

仕事につながりませんでした(笑)

 

今、思えば
「当たり前」なんですけど。

 

ただ、これを読んでいる方で
以前、僕が犯した同じ過ちを
現在進行形でやっているのでは?

 

と思ったので今回
記載させて頂きました。

 

そもそも、異業種交流会には

 

以前の僕のような「考え」の方が
90%は存在
します。

 

つまり、自分のお客さん探し
をしている人達ばかり
ですから

 

交流会の費用は払っても
誰かのサービスを有料で払ってでも
サービスを受けたい!!と
思っている方は少ない
んです。

 

・集客に困っている
・売上を上げることに困っている

 

大体、この2つの要素が
ほとんどの方だと思います。

 

残りの10%の人というのは..

・ビジネスパートナー探し

の方が多いです^^

 

ですので、僕のような
コンサル系の職には
90%市場を見るには
ある意味良いかもしれませんが…

 

それ以外の業種の方は
あまり良い場とは言えないのです。

 

単独の異業種交流会に
4000円も5000円も
支払うなら…

 

今の僕なら、間違いなく

 

・・・

 

「貯蓄」して自己投資するか
「広告」として使います笑

 

異業種交流会の費用を
「広告だ」とか言う人いますが

 

集客や売上相談できない業種の方が
「広告費」と言っても
外れちゃっているんですよね^^;

 

ご理解して頂いているとは思いますが
異業種交流会が悪い訳ではありません。

 

当てはまる業種と
当てはまらない業種が
存在するということに
気付いて頂きたいんです。

 

「見込み客」という概念が
理解できていないのと

 

ずっと顧客を獲得できない場所に

 

お金、時間、労力を使うことになります。

 

最近は、自分で見極められてきたので
以前のように、全く貯蓄できないなんて
ことはなくなりました(*´▽`*)

 

まぁ投資し過ぎて
「赤字」になっている時もあるのは
ここだけの話です笑

 

全体でプラスになっているので
現状は笑っていられます。

 

ということで、何かしらの
参考にして下さい^^

 

それでは、以上です!!

 

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL