収益化のためのブログの活用方法 その3


こんにちは!!

 

収益化アドバイザーのジュンです!

 

本日も
収益化のためのブログの活用方法
について話をしていきます!

 

今回は「その3」になります!

 

おさえておきたい2つ目のポイントである

 

誰に向けて、情報発信するのか?

というテーマです。

 

個人的にブログでやってはいけない記事内容は

「~で遊んで来た」

「~で食べてきた」

「~でお茶してきた」 です!!

 

収益化目的で使っているのに
もしあなたが逆の立場で
このような内容の記事が書いてあれば

 

著名人の方であれば別だとは思いますが
「無名」である人のブログをわざわざ読みませんよね?

 

それは見込み客のアプローチではなく
一度、あなたの商品を購入した方であれば
「ファン化」させる目的としては使える(かもしれません)

 

しかし、1日1記事でブログを
コンスタントに書いていくとしたら
そんな無駄記事は使ってはいけません。

 

本題に戻りますが…

 

あなたの商品は
「誰向けのものですか?」

 

言葉を変えてあげると…

 

誰にその商品をお届けすると喜んでもらえそうですか?

 

ということです!!

 

例えば、「ラーメン屋」を
したとしますよね。

 

打ち出し方を
「名古屋でNo1ラーメンは○○」としてしまうと
ハッキリ言ってセンスがありません。

 

ユーザーの気持ちに立つことが大事です。

 

「ラーメン」と一言で言っても
味噌、塩、とんこつ、色々ありますし
トッピングしたものも今では沢山あります。

 

職人さんですから
スープにこだわりは持つでしょうし
麺にもこだわるは持つでしょう。

 

つまり、色んな要素があるということは
「ラーメン」と一言で言っても
どこの分野で勝負するのか?を
決めていく必要性があります。

 

分かりやすい分野の決め方としては…

 

「塩ラーメン専門」

「味噌ラーメン専門」

 

「専門」性を決めていくという概念です。

 

ただ、これは地域によって

「打ち出し方」は変えていかないといけません。

 

特に東京池袋などは
ラーメン激戦区です。

 

僕の住んでいる
愛知県一宮市というところは
普通に田舎です。

 

・競合がひしめきあっている地域で店舗があるのか
・競合と呼ばれる場所ではないが
老舗が固まっている店舗なのか?

 

これだけでも
大分違いそうではないですか?!

 

まとめますと

 

「誰向けなのか?」というのを
3秒でお答えできないのであれば
是非、再度考えてみて下さいね♪

 

それでは、本日は以上です!

 

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL