【人の行く裏に道あり花の山】


おはようございます、小田純也です。

 

本日は
人の行く裏に道あり花の山
について話をさせて頂きます。

 

はな山

 

この言葉は
株式投資などの格言で
よく用いられるそうです。

 

つまり、多くの人と
同じことを自分がやっていることは
「安心」しがちになる習性があるが…

 

多くの人と同じことを
やっているということは
結局、人と同じような
結果にしかならない

 

大体、突き抜ける人って
多くの人がやらない量をこなしていたり
考えもつかないことを発想していたり
バカにされてきたり
非難の数が多い人が多い。

 

「普通」
「常識的に考えて」

 

この言葉を自分に言い聞かせれば
聞かせる程、実は長期的に見れば
マイナスなのかもしれません^^;

 

あなたは
毎日、どれだけ
勉強していますか?
自己投資でも構いません。

 

30分ですか?
1時間ですか?
長くて2時間ですか?

 

では、1日8時間・10時間
費やしている人に
どう追い付きますか?

 

質ですか?

 

では、同等どころか
それ以上の「質」の時間を
費やされていたらどうですか?

 

もうオワタですよ(笑)

 

時間がとれないから
センスがないから

 

と言って、諦めますか?

 

多くの人と違った結果
(ライフスタイル)を
送りたいのであれば…

 

この
「人の行く裏に道あり花の山」
という考え方は大切だと思います。

 

主婦だから上手くいかない
お金がないから上手くいかない
過去に一度も上手くいった試しがない。

 

全て、これから上手くいかない
理由には一つも繫がらないですよね^^

 

ただ、人の道の裏側に
行き過ぎてしまって
倫理的な部分に
触れることは辞めましょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL